育毛・薄毛の自然派ヘアケア ~理容師の知恵袋~



2016 05/10

育毛に良いショウガの使い方、民間療法で得られる効果とは

e1b8c0d0561836fe884339bf6b36d566_s.jpg

気温が高くなると爽快感のあるシャンプーが人気です。その検証の為に入手したある有名トニックシャンプー。その特徴の1つ、生姜成分が作用する「冷」と「温」の独特な爽快感を感じることができました。生姜は体を温める作用がありますが、それをうまく利用することで育毛など髪にも良い効果が見込めるのです。そこで今回は、過去の私の事例など「生姜づくし」による育毛パターンを取り上げてみたいと思います。

スポンサードリンク


●ショウガ成分配合の育毛剤について

shougam2.jpg

ショウガ成分配合のヘアケアアイテムが育毛などに有効という話があります。市販の育毛剤(モウガとか)にも配合されているくらいなので、何らかの効き目があるのかもしれません。成分名はショウキョウチンキやショウキョウエキス。ショウガの根茎を生薬では「ショウキョウ」とされてますが、そこから抽出されるものがショウキョウエキスだったりします。

shougam3.jpg

そして、そのショウキョウ○○が配合されている市販の育毛剤について。これは低コストというところの理由ですが、人それぞれの抜け毛の対策すべてに決して有効とはいえなかったりします。例えば、男性に効き目があって女性には効き目が無いなど、その逆もあるかもしれません。

ただ、これらについて報告されているのは、IGF-1(育毛を促す成長因子)を増やす効果と、血管の拡張・血流が良くなり発毛されるという2つの注目点があります。これらの使用は、私が使っているDeeper3Dのような、唯一、成長因子を配合できるスカルプエッセンス系のものが良いです。ショウキョウチンキ配合のスカルプエッセンスがたぶん存在したと思います。



●ショウガのシャンプーの凄いところ

shougam4.jpg

シャンプーによって直接に育毛されるなどほとんどありえません。ただトニックシャンプーで洗うと、あたかも育毛するのではないか?と体感することはできます。最近、研究の目的としてサンスターの新しいトニックシャンプーを使ってみました。このトニックシャンプーの特徴のひとつとしては、もはや伝統といえるショウガ配合での独特な爽快感というものがあります。

shougam5.jpg

これは「ショウガ根エキス」の高配合と考えられますが、メントール配合はもちろん、それらのバランスがうまく配合され、あの強烈な爽やかさと香りを演出しているものと思われます。そして「冷」のなかに「温」を感じるのもこのシャンプーの特筆すべきところ。頭皮がカーッとなって血流が促されているような感じもあります。

shougam6.jpg

この”ジンジャー効果”を体感できる、その他のシャンプーは凛恋(リンレン)とかあります。ただリンレンでは、サンスタートニックのような強烈なものを感じることができません。はっきりいってサンスタートニックは男性用です。女性はやはりリンレンくらいがちょうど良いのかなと思います。



●この冬に効果的だった「ショウガ昆布茶」

ショウガ昆布茶1

個人的にショウガは、ヘアケアアイテムとして使わない方が効果的だと感じています。その方法としては、過去の記事でも紹介させていただきましたが、特に今冬は「ショウガ昆布茶」を飲んでいました。髪を大切にするうえで人間は、現代病ともいえる”冷え”を避けなければいけません。

体の外も中も冷えやすい冬は特に危険。対策としては、温める(陽)の性質を持っているものを摂る必要があります。そこで昆布もショウガも共に温める(陽)の性質を持ってますので嫌でも体は温まる「ショウガ昆布茶」を飲むわけです。

→ 森島土紀子さんのしょうがレシピ、冷えとり効果を髪の健康に活かす



●こだわるなら、さらに「ショウガの炭酸泉足湯」を

こだわるときは、さらに炭酸泉足湯にショウガを使います。生のショウガにはジンゲロールという成分がありますが、これに熱が加わるとショウガオールという体を温める成分ができます。ショウガオールは血流を促進する作用が強く、冷えを改善する効果がよく知られていますね。私の場合「ショウガ昆布茶」を飲みながら、この足湯をして、寝るときに冷えとり靴下を履いてました。こういった冷えを避けて、温めることを生活に取り入れると全身の血の巡りが良くなって育毛や抜け毛予防に効果を感じるようになります。

→ 炭酸泉の冷えとり効果を髪・頭皮に活かす、炭酸泉足湯の作り方



●ショウガを使う民間療法として注意すべきこと

shougam7.jpg

よくある民間療法としては、ショウガ油のマッサージ&すり込みが効果があるとされています。作り方は、ショウガの絞り汁と同じくらいの量のセサミオイル(ごま油)をブレンドして、髪の気になる部分にマッサージ&すり込むという方法です。私自身も生姜シップなどやっていましたが少し難しい感じがしましたので、今はあまりおすすめできません。

→ 湿布で血行促進、髪にも効かせる生姜湿布の作り方

こういった「生姜づくし」による方法は、なかなか有効だとは感じます。ただショウガの強い性質上、おおくの漢方薬に入っているほどそれだけ効能が強いものでもあります。ヘアケアとして利用する際も、少量ずつ使うなどして無理をしないようにおこなってください。


関連記事

スポンサードリンク

(0)TB(0)

AFTER「アミノ酸シャンプーのアレルギーと疑うべき”痒み”の原因

BEFORE「プロペシアが女性に処方されない、触れてもいけない理由と危険性とは

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top