kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

アミノ酸シャンプーのアレルギーと疑うべき”痒み”の原因

aminosannare1.jpg

髪や頭皮に優しいという理由でアミノ酸シャンプーを使っている人も多いと思います。このブログでも、育毛や抜け毛予防に繋がる良いシャンプーとしてお勧めしていますが、体質によっては アミノ酸シャンプーでのアレルギー が気になるという人もいると思います。ただ、それがアレルギーかどうかの判断はしづらく感じます。多くの場合”痒み”を生じますが、その原因からみると決してアレルギーとはいえないのかもしれません。またそれは 洗い方にも問題があること も多いです。今回はそういったところに目を向けてみました。

スポンサードリンク

以前、アミノ酸系洗浄成分によって起こるアレルギーが話題になったことがありました。もちろん今でも注意するに越したことはないのですが、ヘアサロン運営の経験上でいうとその危険性はあまりよく分かりません。ただ、乾燥肌や脂性肌といったところでのアミノ酸成分との相性 が良くない場合、何らかの異常が頭皮にみられる報告を受けることはあります。

アミノ酸系の洗浄成分が髪や頭皮に近い成分というところを考えると、体が異物として極端に認識してしまうことはないと思います。ですが、配合成分そのものは体に対して異物であることに変わりないので、何らかの影響が出る可能性は無きにしも非ずといったところでしょうか。



●市販のアミノ酸系シャンプーでみられるアレルギーの原因

nama22.jpg

例として、実際に市販のアミノ酸系シャンプーでアレルギー症状が出たというクチコミをみることもあります。このブログでレビューしている市販シャンプーでいうと、ハニーチェやジュレーム、レヴールとかアミノ酸系でそういった報告がみられますが、これらに統一していえることは、以前、話題になったアレルゲン「加水分解タンパク」が有効成分になっていることです。たしかに「加水分解タンパク」は、よく浸透するというところで髪のダメージ抑制として有効な成分だといえます。でも、ペプチドやアミノ酸レベルにまで分解されているが故に起こるアレルギー反応も決して有りえなくは無いと思うのです。

アミノ酸系シャンプーが良いといっても、上記のような有効成分が原因となるものも多く存在しています。頭皮が痒いなどアミノ酸系の洗浄成分が自分に合わないというよりも、その他の有効成分とされているものが不純物となっている可能性も疑うべきだと思います。

アレルギーは人によって症状などさまざまなので、医学的な見解でみることが出来ない限り、完全に把握することは難しいと感じてます。アミノ酸系シャンプーが良いといっても、上記のような有効成分が原因となるものも多く存在しています。私自身、お店で使用していますが、アレルギーをお持ちの方に対しての確認など、なるだけ怠らないよう注意を払うところでもあります。




●痒みはアレルギーとされる理由とその対策方法

sususgi4.jpg

どんなシャンプーを使うにしろ「丁寧にすすぐこと」をこころがけたいものです。これは石鹸系シャンプーでも石油系シャンプーでも同じで、髪や頭皮に残らないよう洗い流す必要があります。100%の残留性を問えば、それは無理という答えになるのですが、いろんなシャンプーをレビューした経験上では、すすぎ残しがあるとほとんど良いことがありません。そして今回のアミノ酸系シャンプーの場合でも、それは特に気をつけておきたいのです。

aminosannare2.jpg

皮脂の分泌が多いという人、特に男性にいえることですが、市販の洗浄力の強いシャンプーと同じように、アミノ酸系シャンプーを使うと痒みを生じることがあります。よくそれがアレルギーだと思われたりするのですが、それはアレルギーの症状とは少し異なっています。

これはアミノ酸洗浄成分によるソフトな洗浄力によって、程良く残った皮脂に菌が増えた結果起こってしまう痒みだと考えられます。これがアレルギー反応と間違われ、その結果、アミノ酸系シャンプーでアレルギーが起こるとされるようになったのではないでしょうか。

aminosannare3.jpg
山田孝之さんCMのマーロ。皮脂過多な男性向きアミノ酸系スカルプシャンプー

そういった問題に対して何よりも大切なのは、1回のシャンプーで済ませるのではなく、必ず2回シャンプーをおこなうことです。アミノ酸系シャンプーは一般のシャンプーに比べて、泡立ち・泡切れが良くないので、しっかり泡立てて、しっかりすすぐこと がとても大切になります。

以上のように私はみていますが、アミノ酸シャンプーの使用で必ずしもアレルギーがないとは言い切れません。ただ、そう判断される多くは「痒み」が原因となっているので、そこをクリアすればもっとアミノ酸シャンプーをおすすめできるのかなと思っています。

スポンサードリンク
関連記事

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク