kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

黒ショウガエキスの新配合、Deeper3Dリニューアルの理由

d3d-re2.png

かねてから愛用しているDeeper3Dが本日リニューアルしました。2つの新成分が配合されてますが、どのような効果があるのか、その内容が気になるところです。今回はその新成分のひとつ「黒ショウガエキス」について語ります。育毛アイテムの成分としては聞き慣れない黒ショウガエキスですが、天然の有効成分ということで個人的には好ましく思います。でもなぜその成分の配合なのか、今回の Deeper3Dリニューアルについて分かったこと があるのでお伝えしておきます。

スポンサードリンク


●民間療法として理解できる「しょうが」の有効性

ビタミンB12不足による抜け毛・薄毛を避ける為の育毛剤4

最新の毛髪再生医療としてグロースファクター再生療法があります。そこで用いられる”成長因子”を高配合しているところでいうと、Deeper3Dは最高レベルのスカルプエッセンスだと私は思っています。そこで考えてもリニューアルする必要はないと思ったのですが、今回あらたに「黒ショウガエキス」と「リデンシル」が配合 されるようになりました。

「リデンシル」についてはまた機会があれば記事にしたいと思います。今回は「黒ショウガエキス」に注目してみました。前々回の”ショウガ” の記事 との関連性もあるので、タイミング的にも注目せざるを得ない感じです。

shougam7.jpg

そちらの記事では、シャンプーを含めたヘアケアなど”ジンジャー効果”を体感できる方法をいくつか述べてみました。ヘアケア以外にも、体に摂りいれるなどの「生姜づくし」の方法をおすすめしたわけですが、今回はその生姜とは種類が少し異なる 黒ショウガ(ブラックジンジャー) の配合 になります。

普通の生姜の場合、ショウキョウチンキやショウキョウエキスなどが有効成分として、よく市販の育毛剤などに使われたりしますが、黒ショウガに関してはほとんどみることがありません。サプリメントなど、主に食用としての効果・効能はヒト臨床試験において証明されているのですが、スカルプケアとしての効果・効能は未知数だというところでしょうか。Deeper3Dの使用者としても今後に期待したいところです。
エビデンスについての詳細は オリザ油化さんのHP へどうぞ。



●黒ショウガエキスの詳細と髪への効果とは

d3d-re3.png

黒ショウガエキスとはケンフェリアパルビフロラ根茎エキスのことをいいます。健康食品や美容・化粧品の成分として「黒ウコン」とも呼ばれてますが、その方面でいうと黒ウコンの効能は多くの人に認められています。また最近では、筋肉ケア素材としても注目されるようになりました。私は筋力トレーニングを習慣にしてますが、そこでいうと筋肉のエネルギー代謝促進作用があるという話は魅力的に感じます。

そんな謎が多い黒ウコンですが、通常のウコンとは少し違うものとなっています。ウコンというより生姜の一種 とされていて、根っこ部分の切断面が紫色というのが特徴ですね。こういった名前に「黒」が付く食材は基本的に髪に良いというものが多いです。

kuro3.jpg

黒ゴマ、黒豆を摂れば白髪予防になりますし、以前おすすめした、にんにく玉ねぎ を発酵させて黒くすれば、髪や体に対して最高の抗酸化食品となってくれます。それは今回の黒ショウガ(黒ウコン)でも、同じような効果が見込めるのではないかと思います。

なぜなら、黒ショウガには、ミネラルやアミノ酸、ポリフェノールが多く含まれていますし、普通のショウガの何倍もの抗酸化作用 を持っているという研究結果があるからです。(アントシアニン・ポリフェノール・クルクミン・アミノ酸・セレンなどが含有)

このような強力な抗酸化作用を持っているのが特徴です。それをエキスにした場合、髪や頭皮にどんな作用があるのでしょうか。黒ショウガエキス配合のシャンプーでみられるパターンとしては上記の成分によって、①髪がしっとりと保湿される、②頭皮が柔らかくなる、③根元からハリ・コシが出る といった報告がありました。

Deeper3Dと同じメーカーのモンゴ流のシャンプーでは 黒ショウガエキスが血管に働きかける とありましたが、個人的にはそこがいちばん気になっています。それについては思いあたることがあるので、以下で詳しく述べてみたいと思います。



●新しいDeeper3Dはフィンジアを意識している?

d3d-re4.png

なぜ今回、Deeper3Dのリニューアルに黒ショウガのようなものを配合したのか、それを成分の特性などからよく調べてみました。そこで気付いたのが、ホット成分としての黒ショウガの効能です。一時期(今も?)、ボディケア製品として黒ショウガの温める作用を利用した温感入浴が流行りました。

これは発汗を促し、さらに肌がツルツルになるという、まさに温泉上がりの状態を体感できるというもの。そこでいうとやはりメーカーが述べる 黒ショウガエキスが血管に働きかける というところと同じなのです。さらにそこで気付いたのが、今年の冬に試していた「フィンジア」との関連です。

konngono5.jpg

フィンジアはカプサイシン配合によるゲートアクセス理論が特徴。これは、カプサイシンの血行促進効果で毛穴を開き、毛根まで有効成分のキャピキシルやピディオキシジルを浸透させようという仕組みになっています。体感的には、頭皮への浸み込みや血の流れが良く分かる感じで頭が軽くなります。

それは次世代育毛剤ともいえるフィンジアの人気のひとつだと思いますが、今回のDeeper3Dの黒ショウガエキスという新しい成分の配合は、そこを意識したものと思わずにはいられません。温める・血管に働きかけるというところでは、同じスカルプエッセンスとして浸透力の強さが評価されるので、負けるわけにはいかないのでしょう。

スカルプエッセンス愛用者としてはそういった競争は歓迎です。さらにもっと品質を高めてもらいたいと思います。

→リニューアルしたDeeper3Dの詳細は公式サイトで

関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク