kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

ヘアメディカルの「総合頭髪治療」が理想だと感じた話

ba93861259e9bd490cc6730dde3d2746_s.jpg

病院でおこなう薄毛治療について、もともと私は否定したい方の人間です。それは治療薬による副作用の可能性など、いくつかのデメリットから決しておすすめしないという考え方です。でもそのように否定することが本当に正しいのかどうか迷いました。そんな数年間、さまざまなことを学んでわかったことがあります。

スポンサードリンク

そのひとつとして、長年の薄毛に悩み落ち込んでいたお客様が決断した「薄毛治療」があります。そう決断して実行に至った今では、希望に満ち溢れるような将来を語ってくださるようになりました。明るい未来を見出されたことで、よく笑いよく喋ってくれることに私も嬉しさを感じずにいられません。以前よりもカットしやすくもなり、いろんな意味で本当に良かったと思うわけです。

一生つきまとう辛い悩みから解放されるならどんな方法でもいい。そう考えるのなら「薄毛治療」という決断を否定すべきでなく、むしろ理想であると私は思うようになりました。そのような考えになったのは「ヘアメディカル」から学んだことの影響がとても大きいと感じています。



●満足のいく”治療終了”の日を迎えるために

a0006_000009.jpg

一般的な治療薬のみでおこなう薄毛治療では根本的なところの解決は万全ではありません。本当に薄毛を解決するというなら、体の内面も外面も、あらゆるところから診る必要があります。それはこのブログではいつも述べてきたことであり、そこを問うとヘアメディカルのみが理想のクリニックであることが分かりました。

ヘアメディカルは「総合頭髪医療」であることが知られています。そこには皮膚科、形成外科、メンタルヘルス(精神神経科)などそれぞれの専門医師が連携して、薄毛の原因を徹底解明するという強みがあります。

一人ひとりの悩みの状態と薄毛の進行に応じて、個々に適合する改善対策や治療をおこなう。このシステムは他のクリニックにはないヘアメディカル独自の治療法ですが、私が知るところでは実際に治療を受けた多数の人が満足な”治療終了”の日を迎えられています。



●総合頭髪治療のヘアメディカルが目的とするところ

usugetiryou3.png

そんなヘアメディカル独自の「総合頭髪治療」の目的は何なのか、そこは明確にしておきたいところです。一般の薄毛治療は、フィナステリド(男性型脱毛症進行遅延薬)の処方による、脱毛進行を弱めることが目的です。脱毛は遅らせることが可能でも、髪の毛の密度を増やしたり、発毛させることはできません。

それに対してヘアメディカルの総合頭髪治療の目的は「発毛」なので、脱毛を止めるだけではなく、髪を多く増やすことが最終的な目的となっています。

ただそこまでは多くの専門クリニックがやっていること。それは当然として、私が何よりもヘアメディカルが理想だと思うのは、治療終了までのフォロー体制が整っているというところ です。世間では大まかに薄毛治療といいますが、今や現代病ともいえるその薄毛の原因はとても複雑です。”ホルモンの異常”だけが原因ではありません。

そういったところを多方面の専門医師によるフォロー、大学病院との頭髪研究や医療連携などにより、常に最新の医学情報を取り入れてさまざまな薄毛治療に対応しているというわけです。

DSCN1193.jpg

そうした最新技術を用いた検査や内服薬・外用薬による治療のほかに、髪の将来の不安を取り除くためのメンタルケア、さらに食事療法や生活習慣の指導など、徹底した治療内容には 髪の回復に必要なすべてのことが網羅されている印象 さえあります。

個人的にはそこから学べることが、髪の知識を深める上でとても良い出会いだったと思うところが大きいです。こういったヘアメディカルのような徹底された「総合頭髪治療」が一般的な治療となれば、薄毛で悩む人の未来も希望に満ちたものになるのではないでしょうか。

スポンサードリンク
関連記事

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク