kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

硬水を飲む効果を髪で感じる

nannsui2.png

私たちが生きていくうえで欠かせないものといえば「水」です。健康のためにも良い水を飲む、というのはもはや常識の話ですが、その選び方には特にこだわるという人も多いのではないでしょうか。その飲む水に関しては、私も今とてもこだわっています。髪に関していえば、軟水・硬水どちらを飲むべきなのか迷うところですが、私の場合なら間違いなく硬水だと答えます。以下でその理由を述べてみます。

スポンサードリンク

●生きるために水がとても大切だと感じ始めたこと

kumamotojishin-kumamotocity-kyuusui-13.jpg

4月に起きた熊本地震では、ライフライン復旧までの間、断水による避難生活がとても大変なものだったと聞いております。人間は水がないと生きていけないといいますが、熊本という近い場所で起きている実情を耳にすると、これまで当たり前のように思えた”水”の存在がとても大きなものだったと感じるようになりました。

九州はとにかく雨がよく降ります。また、地下深くにある豊富な水脈のおかげで水に困ることはほとんどありません。その恩恵を当たり前のように思っていたわけですが、私自身が健康である理由をあらためて考えると、それは恥ずべきことだったと反省をしています。

発芽玄米2

私が健康に過ごしている理由は使っている水にもあるわけで、健康な髪を維持できているのもそこで使っている水が良質だからこそといえます。石けんシャンプーに使う水、玄米を炊くときの水、プロテイン・サプリに使う水、そういった髪に良いというすべてのものに使う水は大切にしていきたいと、今はそれを強く思っています。

水を大切に使うと考えたとき、すっかり忘れていた”水の硬度”のことを思い出しました。健康のために飲む水は、軟水が良い、硬水が良いなど、水の硬度を選ぶ基準にするのが一般的ですが、水が豊富にある私の地域においてはあまり気にしないことが多いです。ですから、あらためてその”水の硬度”について考えてみる必要があると思いました。以下でそれを述べてみます。



●飲みやすい「軟水」について思うこと

55f8fae44b874c4e280376294e628d4a_s.jpg

まず、日本人の体質でみると軟水が無難だといわれています。売られているミネラルウォーターにしても、その多くが「軟水の飲みやすい水」ですね。ただそこで述べられている 健康効果ももはや当たり前 のような感じになっていて、大きな健康効果を感じにくいともいえます。

具体的には、吸収が良く胃腸に負担がかからないことや、老廃物の排出や美肌効果などアンチエイジングとしても軟水は飲みやすい良い水だといわれています。ただその効果を明確に感じるのは難しいかもしれません。



●飲みにくい「硬水」について思うこと

nannsui3.png

軟水が飲みやすいといわれる一方で「硬水」は飲みにくいという人も多いです。味に敏感な人になると鉄の味がするとまでいうのですが、それが 悪い水だと決めつけて避けるのは勿体ない と思います。

「硬水」とは硬度が300mg/L以上の水のことをいいますが、硬水の特徴としてミネラル成分がとにかく豊富です。ミネラルは体内で生成されないので、そんな時の硬水は手軽でありがたいと思います。ただ、マグネシウムが多いので、飲み過ぎるとお腹を下すなどデメリットはあります。



●ミネラル豊富な硬水が髪に良いという理由

nannsui1.png
軟水は髪に良いマグネシウムが少ない

飲みやすい軟水ではなく、飲みにくい方の硬水をわざわざ選ぶという人は、何らかの目的があるのではないかと思われます。よく聞くのはダイエットが目的で硬水を飲むという話。デトックス効果やダイエット効果でいうと、間違いなく軟水よりも硬水を選ぶべきでしょう。

私の場合でいうと、もちろん抜け毛予防など髪の健康維持を目的にするわけですが、そこでの「硬度が高めの水」が髪に良い働きをしてくれていると感じることがよくあります。といっても、ヘアケアに硬水を使うのではありません。ヘアケアと硬水の相性は良くないです。特に石けんシャンプーを硬水でおこなうと、石鹸カスが出まくって後々が大変です。

そういったヘアケアに使うよりも、飲むことで豊富なミネラル成分は髪に活かせることができると感じています。なかでも注目すべきは、やはりマグネシウムが多いところではないでしょうか。よくマグネシウムが育毛に良いという話がありますが、それはあながち間違いではないようです。

まごわやさしい2

個人的にはさまざまなところで髪の健康維持に効いていると思うことがあります。たとえば、髪に良い食事を摂るとき、その栄養を無駄にしないためにマグネシウムなどミネラル成分が働いてくれていたりなど。私は髪に良いものとしてビタミンB2、B6、B12などの食材を多めに摂りますが、これらのB群は硬水によるマグネシウムの助けがないとうまく働くことができません。(玄米でマグネシウムを補えますが、なぜか足りていないと感じてます)

あと、ストレスなど精神的なところも髪に良くないと考えていますが、マグネシウムにはそういった精神面を穏やかにしてくれる「精神安定作用」があります。自律神経のバランスが良くないと感じたとき、ほどほどに飲み続けることで抜け毛予防などに働いてくれているのを感じました。マグネシウムはストレスによって最も消費されるミネラルなので、ちょうど働き盛りの私たちとしては不足することがないよう気をつけたいものです。 

nannsui4.png
いつも飲んでいる地元の「中硬水」

軟水と硬水それぞれに良いところがあるのですが、髪に良い飲む水と考えるなら間違いなく「硬水」と答えます。髪に関していえば軟水はヘアケアに使うようにして、その成分の良いところを生かした方が良いです。

ここまで、私が思う髪に良い水について述べてみましたが、軟水や硬水それぞれに良いところがあるわけで、本当に良い水というのは飲む人それぞれで評価は違ってくると思います。

ただ、いえることは その水を飲むことで体にどんな素晴らしいことが起こるのか そこをみるべきだと思うのです。そんな私が本当に良いと感じているのは地元の天然水です。とても素晴らしい「中硬水」の湧水ですが、その効果を近いうちに記事にしたいと思っています。

スポンサードリンク
関連記事

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク