kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

美容室で石けんシャンプーが厄介扱いされている理由

f101c7300d0a36da77386165245d12fc_s.jpg

私は頭皮の健康維持に良いとして、石鹸シャンプーを続けています。理容師でありながら、石けんシャンプー肯定派なのですが、パーマやヘアカラーを主に取り扱っている 美容室などでは石けんシャンプーを嫌がること も多いです。石けんシャンプー実践者が、お気に入りの美容室とうまく付き合っていく為に、知っておきたいことがいくつかあります。

スポンサードリンク

私はアレッポの石鹸で洗髪しています。悪化するシリア情勢の関係で アレッポ石鹸の存続 が心配だったこともあって、このブログでもよく記事にさせていただいてます。

個人的に洗髪として使うにはとても良いと感じるのですが、ただ 興味本位で石けんシャンプーしよう という方へはあまりおすすめしていません。ヘアカラーやパーマを施さず、髪のダメージが少ない場合なら構わないと思うのですが、そうでない場合は、髪が傷むことを考慮して石けんシャンプーはお勧めしない方が良いのかなと思うようになりました。

そこは美容師さんは特に敏感だと思います。頭皮でなく髪の毛に関していうと、石けんシャンプーの「アルカリ」と「石鹸カス」 には多くの美容師さんが手を焼きます。それらは、カラーの褪色やパーマのかかり具合に大きく影響が出るので、施術において石鹸は厄介だとされるのは当然のことなのです。



●いちばんの問題は何といっても「石鹸カス」です

bebi-7.jpg

頭皮の健康を主に考えている私にとって、石けんシャンプーは欠かせないものとなりました。そんな私の経験でいうと、頭皮には優しくて安全だと言っておきたいです。

ただデメリットがいくつかあります。まず洗い上がりのごわつきや、高いペーハー、そして石鹸カスがついてしまうこと。これらは正確な石けんシャンプーのやり方で防ぐことができますが、多くの場合、この石鹸カスがおおきなデメリットになります。具体的には パーマがかかりにくかったり、カラーが綺麗に入らなくなったり など。

石けんシャンプーをすると、水の中のカルシウムやマグネシウムと反応して金属石鹸という不溶性の物質ができますが、これが石鹸カスとして髪の毛に強く付着して残ります。これがごわつきなどの原因となっていますが、それが結果的にパーマやカラーリングに何らかの影響を及ぼすしているのは間違いありません。



●自分が思う以上かもしれない石けんカスの蓄積

d1df8b67e71839b69e8b1cf45ed724b1_s.jpg

石鹸カスが髪の表面を覆った状態だと、だんだん髪が重くなっていきます。毎日石けんシャンプーしていると、ちょっとづつ時間をかけて石けんカスが髪の毛を覆っていきますから、本人は気付いてないパターンがあるはずです。そこは特に気を付けておいた方が良いかもしれません。

頭皮に付着した石鹸カスも、代謝によって剥がれ入れ変わりますが、髪は死んだ細胞といわれるように、新陳代謝などありませんから、どんどん石けんカスが蓄積される一方 になります。知り合いの美容師さんの話では、石けんシャンプーをしている人の髪を梳くのに大変だという話があります。懸命に梳いていると石鹸カスで手がベタつく という話ですが、髪のダメージが多いほど軋みもひどくあり、絡まるせいでされている側も引っ張って痛いし、髪自体も傷むわけです。

そんな重い髪にトリートメントなどを使用して仕上げるという必要性に躊躇してしまい手間がかかるというわけですね。



●いろいろ手間がかかるのは営業として避けたい

c5ec145a4394b516c117fa8d608b55e5_s.jpg

理美容室にいけばサロンシャンプーを勧められることがあると思いますが、決してそれは商品売り上げが主な目的ではありません。シャンプー1本売っても利益はわずかなものです。

店側としては利益云々ではなく、理想の仕上がりにちょうど良いシャンプーを勧めます。そのなかで、パーマやヘアカラーと相性が良くない石鹸シャンプーを薦めることはあまりありません。なぜなら 石鹸はパーマやカラーと同じアルカリ性 だからです。

68958a830a6fadc82d8d2167e5b55a80_s.jpg

本来、弱酸性に落ち着くべきpHコントロールが自力ではできないので、髪の毛の状態は悪化してしまいます。パーマのかかり具合やカラーの色落ちがあれば、せっかく作ったスタイリストの”作品”も早々に崩れてしまうわけで、それを見た日のショックは大きいと思います。

それらを避けるためには、薬液の付け方などで調整する必要があります。そういった手間がかかるというところも、営業としては避けたいと思うところではないでしょうか。

ここ数年で石けんシャンプーを取り扱っている美容室は割と多くなりました。石けんシャンプーする人には有りがたく思えるところですが、この記事で述べている基本的なところを知っておくと、良い付き合い方が出来るのではないかと思います。

スポンサードリンク
関連記事

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク