kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

ヘナのデトックス効果は本当か?”緑のおしっこ”を考えてみる

b0540eb86c44d5eea0e83f78fdc80d59_s.jpg

以前は気にならなかった白髪も、40を過ぎると徐々に目立ち始めました。これについては、ヘナによる白髪染めを検討しています。ヘナについては、頭皮に塗って得られるデトックス効果 がよく取り上げられており、個人的にも気になっているところです。そこでよく耳にするのが”緑のおしっこ”が出るという話。それは本当なのかいろいろ考えてみました。

スポンサードリンク


男性客がメインとなる理容室では、あまりヘナを取り扱うことはありません。ただ天然素材であるため、頭皮に負担をかけない白髪染めが出来るというところで、薄毛を心配する人にもっとも適しているといえますね。もちろん私の場合もそこは重視していて、普通のアルカリヘアカラーなどは使いたくありません。

ですから 白髪染めをするのであればヘナしかない と以前から考えていたわけです。またヘナを使う理由については、頭皮にやさしいという以外にもさまざまなことがあります。そのなかでも以下のような「デトックス効果」は特に注目しているところです。



●ヘナが頭皮から入って肝臓の毒素を浄化する!?

髪を染めると禿げる?理容師の立場で述べてみます5

ヘナは天然ハーブの毛染めで、頭皮や髪質の改善に効果的だとよくいわれています。少し詳しくいうと、ヘナの葉っぱに含まれるローソン(ローソニアアルバ)という成分が傷んだ髪を修復するという感じです。

また、このローソンが頭皮のコンディションまでも整えてくれるわけで、ここまでをみると、染めるならやはりヘナしかないと思ったりするのです。ただ、さまざまな情報が得られるネット上では、有りえないと思うような効果も取り上げられており、それに惑わされる人も多いのではないかと思います。そのひとつが ヘナによる「デトックス効果」 ではないでしょうか。

よくいわれているのが、ヘナの成分ローソンが肝臓の毒素を浄化する という話。頭皮からの経皮吸収によって体内に取り込まれ、消化や解毒できなかった不要なものをデトックスするという効果です。

さらには、ヘナのデトックス作用でおしっこが緑になって排出される、という話もけっこう多いです。実際にそれを経験している人も多くいるのですが、そういう場合、頭皮からヘナが体の中に入ってきていると解釈することが多いです。「経皮毒」が疑問視されるところでいうと、果たしてそれらは有り得ることなのでしょうか。



●本当に緑のおしっこは起こり得るのか?

hana1.jpg

ヘナをすると「緑のおしっこ」が出る。それはわりと多くの人が経験しているので、その真相はとても気になるところです。これについていろいろ調べましたが、特に参考になりそうなブログを張っておきます。以下のリンクは宮崎の美容室ハナヘアーさん。とてもヘナに詳しいので参考になります。

私が感じているような「冷えとり」のデトックスや好転反応など、オカルトチックだという見解でしたが、それはたしかに納得する部分はあります。それらには即効性はありませんので、漢方のように長いシーズンの実践で感じていくしかありません。

ただ、ヘナでいうところの 「みどりのおしっこが出る」については短期間でみられていることなので、デトックスや好転反応とは少し違うように思えます。仮にヘナを飲んだとして考えると、緑の尿も有り得なくもないと思ったりしますが、それでも緑のまま排出されることはないと思います。

そもそも、おしっこの前に脾臓や肝臓で処理されるはずですし、出るとすればヘナのオレンジ色(色素)で出てくるような感じではないでしょうか。それらが本当にあるとすれば、ヘナパックをして寝てしまったとき、乾燥したヘナを吸い込んで起こったことかもしれません。実際それもあまり考えにくいことなのですが。



●ヘナの浸透による育毛や発毛効果について

21cec41e6fbb8c99c9d94bc3f0dc509f_s.jpg

ヘナによる「デトックス効果」については、とにかくいろいろです。個人的に特に反応してしまったのが、頭皮のデトックスによる育毛効果や、さらには「細胞に働きかける発毛効果」 などです。これはインド伝統医療のアーユルヴェーダで使われる“薬草”のさまざまな効能で述べていることだと思います。たしかに頭皮表面への効能というのは否定しません。ブログで紹介しているように、私自身も頭皮環境を整えるために取り入れたりしていますし。

しかし、ヘナが「細胞に働きかけて発毛」なんてところは、発毛メカニズムを学ぶ私のなかで有りえない話 だと思うわけです。多くの人が感じているヘナの効果は、頭皮や毛穴からヘナが入って起こるものだと考えられていますが、実際にところ、頭皮から経皮吸収されるのは医薬品レベルでの浸透力がないとかなり難しいと思います。

グロースファクター1

これについては薄毛治療に有効だとされるミノキシジルやキャピキシル、リデンシルといった有効成分でみれば分かると思います。これらのような毛母細胞を活性化させることが証明されている成分でなければ、頭皮下へ浸透させることができません。ちなみにこれは私自身がDeeper3D(成長因子の補充)をやって分かったことです。

それがいかに難しいことなのか、厚生労働省が唯一ミノキシジルを薄毛治療薬として認めているというところでいうとよく分かると思います。

現段階でいうと、ヘナのデトックス効果はちょっと疑わしいかなと思っています。ですが、私が男性であることや、ちゃんと検証していないというところでは、明言を避けたいと思います。ヘナ自体は頭皮にも安全ですし良いものに変わりありません。今回のようなデトックス効果というものも今後注目していきたいと思います。



関連記事

スポンサードリンク

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/08/04 (Thu) 14:52 | EDIT | REPLY |   

岡本  

No title

こんにちは。
久しぶりにまたおしっこの記事書いたのでどれくらいネット上に記事があるのかなぁと何気に検索していたらたどり着きました。
リンクありがとうございます!

2016/12/22 (Thu) 16:44 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

スポンサードリンク