kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Deeper3Dの浸透効果で分かった「青い瓶」の理由

hooponopono1.jpg

ハワイに昔から伝わる心と体の健康法「ホ・オポノポノ」があります。そのアイテムといえば青い瓶のブルーソーラーウォーターです。青い瓶といえば私が使っているDeeper3Dを想像しますが、実際にもそれらの共通点はいろいろ似ていたりします。私がDeeper3Dに感じている育毛や抜け毛予防など髪への嬉しい効果。そこには、Deeper3Dが青い瓶でなければならない絶対的な理由 があります。

スポンサードリンク


●今になって分かる、自然に身に付いていたホ・オポノポノ

hooponopono6.jpg

過去に抜け毛がひどく精神的に落ち込んだとき、何とかしてそれを脱しようといろんなことを試みてきました。当時は何に対しても考え方がネガティブになったりで、自分で悪い流れを生み出してしまうことに度々うんざりしていたものです。

その当時のことは 管理人プロフィール で述べました。そこでは、将来が見えずに混沌となっていた自分の進む道が、旅をきっかけに明確になったということを書いてます。

hooponopono7.jpg

当時の私はハワイをよく旅していました。宿も決めず、行き当たりばったりの旅をしていると、現地に暮らす人のやさしさによく出会ったものです。ただその当時は旅が楽しいばかりで、そのやさしさの本当の意味を理解できていなかったかもしれません。ただ今になってわかるのは、ホ・オポノポノのクリーニングというものを私に伝えてくれていたのだということです。


今の自分の健康、そしてあれからの髪の回復はホ・オポノポノの考えが自然に身に付いていて、それが役立った結果だと思うのです。そんなホ・オポノポノでは”ブルーソーラーウォーター”の効果がよく知られていますが、そこで必須アイテムとされる青色の瓶について、その有効性を以下で解説したいと思います。



●青色光を浴びた水が髪の成長因子「IGF-1」を増やす

hooponopono8.jpg

ブルーソーラーウォーターというのは、前述のようなホ・オポノポノでのクリーニングツールとして用いられる”青い瓶”を利用して作られた浄水のことをいいます。私は以前に使っていた育毛剤チャップアップの補充液をこの方法で行なっていました。

個人的にはそれが有効だと感じるのですが、スピリチュアルな方法なので、見た目だけでは少し信頼性に欠けると思います。そう思う方はぜひ以下をご覧になってください。スピリチュアル的なものでなく、育毛の鍵を握る成長因子「IGF-1」に大きく関わっていることが分かってもらえると思います。

hooponopono9.png

ちなみにカプイソの育毛理論で有名な岡嶋研二博士の著書「薄毛の食卓」でも、ブルーソーラーウォーターが「IGF-1」を増やす作用があることを述べられていました。



●Deeper3Dの浸透効果で分かった「青い瓶」の理由

s_013.jpg

私のなかでは”青いもの”へのこだわりは以前からずっと持ち続けています。自分が趣味にしている自転車や、以前使っていた楽器も青色を選ぶというこだわりでした。それは根本的なところでホ・オポノポノのクリーニングする意識が根付いていたように思えます。そしてDeeper3Dを使うようになり、さらにそれが加速しました。

よくあるホ・オポノポノの解説では、青いガラス瓶に水を入れて太陽の光に晒すだけのブルーソーラー水が育毛や発毛に良いといってます。ですがそれは有り得ないと思います。ただの水といえば水ですし、有効成分が配合されていないものが効くわけがありません。

hooponopono5.jpg

そのことについて、Deeper3Dを使い続けて分かったことがあります。それはまず、いくら有効成分配合の場合でも、ちゃんと浸透しなければ効果は得られないということ。そこはなぜDeeper3Dのベースに海洋深層水が採用されているのかを考えるとよく分かるのです。

Deeper3Dを購入、青とピンクに感じる発毛の力8

普通の水では頭皮への浸透を高めるミネラルの効果は全く期待できません。水深200mあたりの中層水の使用がコスメ品では一般的ですが、Deeper3Dはそれよりももっと深い1600mの深層水を利用しています。その深層水のミネラルバランスは人間の体にもっとも近くなりますが、人間の体に近いバランスであればあるほど頭皮に浸透したときの効果は高くなります。

その浸透力の強い海洋深層水にはDeeper3Dだけの特徴といえるグロースファクター(成長因子)やキャピキシル、リデンシルといった濃厚な有効成分が含んでいます。それらの有効成分が海洋深層水によって頭皮にしっかり浸み込むので、高価なグロースファクター(成長因子)などもしっかり活かされて無駄にならないというわけです。

hooponopono4.jpg

なぜDeeper3Dが青色の瓶を採用しているのか?それは何もデザインの格好良さだけでそうなっているのではありません。深海で青い光に照らされた海洋深層水が非常に発毛効果が高いといいますが、実際はどれくらいの有効成分がバランス良く添加されているかが重要。

それが前提として海洋深層水が活かされるのだと思います。当然、ブルーソーラー水だけで効果を得るのは難しいと思います。やはり上記のような成分が高濃度で入っているからこそ、発毛も起こりやすいのではないでしょうか。

Deeper3Dはなかなか高価で買いづらいのですが、”スカルプエッセンス”のみに許される成長因子などの配合は、やはりそれなりの商品価格になるのかなと思います。

→ 詳しくはDeeper3D公式サイトへどうぞ



関連記事

スポンサードリンク

- 0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。