kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

髪が多いインド人に学んで育毛ハーブシャンプーで洗ってみた

Ayurveda1.jpg

親しい仲にあるインド人の髪があまりにも多いので、なぜそうなるのかをいろいろ考えてみました。黒々した髪のイメージのせいなのか インド人にハゲはいない みたいな根拠に乏しい話もあったりします。ですがそのインド人の場合は、まさに髪黒々でハゲなんて無縁といえるような髪をされています。そんなインド人特有のヘアケアに学びたく思い、今回はインド伝承医学のアーユルヴェーダなどハーブシャンプーで洗ってみることにしました。そこで感じたハーブシャンプーが育毛に良いという理由を述べたいと思います。

スポンサードリンク


●インド人の髪が綺麗でフサフサな理由1.食べ物

Ayurveda2.jpg

とにかく髪がフサフサなインド人の友人ですが、ヘアカットは私がいつも受け持っているので、その髪の多さについては誰よりも理解しています。ちなみにその友人は宮崎の有名なインドカレー専門店の店主さんですが、とても美味しいので宣伝しておこうと思います。


本格インド料理ならではのスパイスの効き具合が辛くて最高です。また、それを作るインド人の彼らが毎日食べるのはもちろんカレーです。大豆たっぷりのダールカレー、そして辛味によるカプサイシンでいわゆる カプイソ効果 が期待できますね。それをいつも食べていることを考えるとインド人の髪の多さとの関連がみえてきたりします。そういえば、お店で働く他のインド人も髪が多かったような気がします。




●インド人の髪が綺麗でフサフサな理由2.オイルケア

Ayurveda4.jpg
インドの床屋

過去にインド人を数名カットしたことで分かったことがあります。それは日本人に比べて髪がよく潤っているというところです。悪くいえば脂っぽいとなるのですが、実際は脂臭なんてしませんし、櫛を通すと非常に良い感じに髪に馴染んでいるのが分かるのです。また頭皮にしても健全です。ではなぜそうなるのかというと、インドの人は日本人のように髪を洗い過ぎないからと聞きました。

これは文化の違いでもあるのですが、毎日洗髪しない代わりに洗髪するときはオイルケア・マッサージまで丁寧におこなうとのこと。たしかに日本人は洗い過ぎているせいで、頭皮環境を悪化させていることも否めません。巷ではよく湯シャンで髪フサフサなんて話がありますが、それは健全な頭皮が元になって可能になることなのです。

touhisesami.jpg

そんなインド人がどんなオイルケアをやっているのかというと、ココナッツオイルやアーモンドオイル、セサミオイル(ゴマ油)などを主に使っているみたいです。

インドでは昔からココナッツオイルを頭皮強壮剤として使うらしいのですが、たしかに実践してみると健康な髪を作るうえで有効なオイルであることが分かりました。個人的にはセサミオイルなどよりもココナッツオイルの方がおすすめです。方法は以下の記事で紹介しているので参考にしてみてください。




●ハーブシャンプーで洗って感じたアーユルヴェーダの育毛効果

imobile11241.jpg

インドでは貧困層にある人と裕福な環境にある人の差がけっこう大きいといいます。裕福な生活にある場合、毎日のシャンプーも可能なのだと思います。たとえばインドで売れている女性モデルなどは黒髪がとても綺麗な人が多いのですが、それはインドの文化を取り入れながら毎日のヘアケアをやっているといいます。では、ヘアケアにお金をかけることができる人たちはいったいどんなシャンプーを使っているのでしょうか。

フサフサで美しい髪のインドの女性ですが、その理由は伝統的なアーユルヴェーダの製法で作られたハーブシャンプーにもあるみたいです。アーユルヴェーダといえばとても古い歴史のインド伝承医学。いまの西洋医学や中医学の元ともいわれますが、人が持つ自然治癒力を活かす方法は、何よりも体や頭皮にやさしいという印象があります。

そのインド伝承ハーブとよく言われるアムラ・リタ・シシカイは「育毛ハーブの定番」として知られています。その定番ハーブが育毛シャンプーに配合されているというので、効果を確かめるべく洗ってみることにしました。

Ayurveda5.jpg

これはラグゼというハーブシャンプーです。育毛成分も配合とのことで育毛ハーブシャンプーと呼ぶべきかもしれません。ハーブエキス以外にも育毛や抜け毛予防に良いとされる成分が多く、300mlの割に商品価格は高めです。

それだけにクオリティの高いシャンプーになっていて、洗浄成分も高価なココイルグルタミン酸TEAです。お店で使っている アロマのやさしさ と同じくアミノ酸系。

Ayurveda7.jpg

2分ほど放置する”泡パック”が可能なのでやってみたところ、髪の潤いとコシが結構出ていてなかなか良い感じでした。アムラがかなり効くという説明があったので、それがうまく活かされているのではないでしょうか。このシャンプーは「液」ではなく「泡」で洗い上げることをコンセプトにしているので、泡パックは特に効果的なのでしょうね。

Ayurveda6.jpg

ただメントール効果が強いうえ、エタノールなど刺激の強いものが割と多いです。そのせいか少し痒みも感じてしまいました。ここでいうと「アロマのやさしさ」がいかに低刺激で頭皮にやさしいかが分かります。あと値段が高いのがネックで300mlで5000円はちょっと痛かったです。

シャンプーで育毛なんて実際はありえない話ですが、アーユルヴェーダを取り入れた場合はいろんな期待ができそうな気がします。



関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク