育毛・薄毛の自然派ヘアケア ~理容師の知恵袋~



2016 10/21

アレッポの石鹸がトルコ産になった理由。以前との違いとは?

soap-of-aleppo-1520234_640.jpg

アレッポの石鹸を愛用していると、原産国であるシリアと周辺地域の情勢悪化がいつも心配です。最悪といえるシリア情勢もいつか良くなる日が来る。そう願ってこのブログではこれまで様々なことを取りあげました。そんななかで、残念なことに アレッポの石鹸が”アレッポでなくなる” ということを知りました。もう、これまでのようにシリア原産ではありません。この大好きなオリーブ石鹸は 事実上 ”トルコ産の石鹸” なのです。

スポンサードリンク


アレッポからの贈り物」がトルコ産になっている。
数ヶ月前に来店されたお客様からそのことを聞いて、あぁいよいよなんだ、と思いました。内戦の激化にともなう工場の移転、石鹸職人の不足などを聞いていたので、いつかそうなるのではないかと予感はしていたのですが。

昨日のニュースでは、国連シリア特使が「年内にもアレッポが消える」という危機感を訴えており、石鹸のことを含めてとても寂しい気持ちになりました。



● もうこの石鹸は「アレッポ」と呼べなくなるかも

aleppo-1078470_640.jpg

ロシアの空爆がひどかった昨年11月、アレッポの石鹸は疎開した港町ラタキアにある第2工場でつくられてました。詳しくは以下の記事で書いてます。2015年11月の投稿です。

この記事を書いたとき、まだアレッポの石鹸はシリアの高品質な石鹸といえたのですが、今のアレッポの石鹸は、それを誇れるものなのかちょっと分かりません。上記の記事を書いた後だと思いますが、2016年からはアレッポで操業する石鹸工場はまったく残っていない そうです。

気候など同じ石鹸づくりに適していることから、隣国のトルコへ避難して操業を始めてます。また、いくつかの石鹸工場は政府拠点地域で操業をやっているとのこと。

そして国際的にも、経済制裁を受けているシリアの商品は取扱えない という理由から、”アレッポ”という表記は使えなくなったというわけです。トルコで作る石鹸ですから、当然といえば当然なのですが、今後この石鹸がアレッポだと呼べなくなるかもしれません。本当に切ないです。



●トルコでの工場立ち上げに至った理由

green-olives-61085_640.jpg

報道ではシリア国内の多くの犠牲者や避難の話をたびたび耳にします。石鹸をつくる人たちも例外ではなく、故郷のアレッポをあとに難民となりました。

そんな石鹸職人の多くは言葉が通じないというトルコに逃れ、数々の問題を抱えながらも石鹸工場の操業を始めたといいます。幸いにも、トルコの気候が似ていることや、今のアレッポでは不可能だった オリーブオイルやローレルオイル など、不可欠な原料の生産が可能だったそうです。

それまでの疎開したラタキアの第2工場では、石鹸作りにおいて若手の職人が未熟だったことや、仕上げの作業のおばさんたちの数不足という情報がありました。そういう人達の命の確保、そして石鹸職人の増加や技術の向上があって、慣れないトルコでの工場立ち上げと石鹸づくりの再開がうまくいったというわけです。



●トルコ産アレッポ石鹸、これまでとの違いを調べてみる

CvNA5WJVIAEFgM3.jpg

たとえトルコで作られる同じオリーブ石鹸だとしても、出来ればこれまでのアレッポの石鹸と同じであってほしい。この石鹸を愛用する人は誰もがそう思うのではないでしょうか。

私は製造ロットナンバー15の以前のアレッポを多く買い置きしていますが、次に買う時はトルコ産の新ロット(16)になります。それがどんな感じなのか気になるので調べてみました。

まず開封後の見た目、大きさはこれまでと変わりません。大きく感じる人もいましたが、重さはこれまでと同じだったそうです。「アレッポからの贈り物」の場合だと、10月現在は 石鹸の刻印が丸から四角 になってます。こちらもやはりトルコ産です。

8wGGcby.jpg

以前との違いは、石鹸を切ってみたときに分かるようです。中の色が灰色がかっていて、斑点のようなものがありますが、それを詳しく調べてみると「気泡」らしいです(左の石鹸)。

また、昨年の疎開先から出荷されたものは、色が白っぽかったり、過去と異なる臭みがあると感じた人もいると思いますが、今回のトルコ産アレッポ石鹸は改善されているみたいです。ただこれはやはりモノによると考えておいたほうが良いでしょう。



●いくらトルコ産になっても変わらないこと

piece-of-soap-97467_640-2.jpg

何とかシリア難民を支援したい。アレッポ石鹸を購入する多くの人は、そう考えてこの石鹸を購入されていると思います。実際に石鹸の利益はシリア難民の医療支援に充てられていて、間違っても紛争の資金にはなってません。

いくらアレッポの石鹸がトルコ産であるとしても、そこにはアレッポ市民の特別な思いが込められているはず。そう思うと、今後もこの石鹸が高品質であり続け、多くの人から支持されるのだと思います。


関連記事

スポンサードリンク

(0)TB(0)

AFTER「アデノバイタルの育毛剤、髪が太くなる効果と抜け毛予防には有効?

BEFORE「風邪で熱があってもシャンプーはした方が良い理由

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top