育毛・薄毛の自然派ヘアケア ~理容師の知恵袋~



2016 12/02

キュレーションサイト閉鎖の件でより明確になった、育毛・薄毛ブログの方向性

f186c5d4393629504b874fcbfc8de43d_s.jpg

WEB系のお仕事をされている方やブロガーの方はもう既にご存知かと思いますが、DeNAが運営するキュレーションメディアのWELQ(ウェルク)が、ウェブサイト全体を公開中止にしました。以前から掲載する情報の信憑性を指摘する声も多く、東京都がDeNAを呼び出すという事態にまで発展してます。

そんな”医療デマ”ともされて炎上した今回の事件ですが、育毛や薄毛の情報を取り扱うメディアも決して他人ごとではないことを分かっておく必要があると思います。


スポンサードリンク


私が育毛や薄毛の記事をあまり書かなくなった理由


このブログは育毛と薄毛の自然派ヘアケアというのをテーマにしてます。しかし最近では以前ほど「育毛」「薄毛」をタイトルにした記事を書くことは少なくなりました。私が理容師として経験したことを、ブログを通して役立ててほしい。そう願って更新してきましたが、この半年間は自分の中の葛藤と向き合うことが多くありました。その半年前のことは以下の記事の中で書いています。


この記事の中では、育毛・薄毛関連のキュレーションサイトによる記事の盗用、無断転載の話をしていますが、こんなことが度々あると何のために自分はブログをやっているのか分からなくなります。自分なりに完成度の高い記事が書けたとしても、結局そのサイトのコンテンツの一部になってしまうわけで。

またそれは私だけの話ではありません。私以外にも、個人で育毛ブログを運営している人はたくさんいます。そういった方々が私と同じようにブログ更新のモチベーション維持が難しくなってくると、いずれブログは止めてしまうものと思われます。

例えば若ハゲ番長さんのブログがそうです。とても勉強になり、為になる情報満載のブログですが、現在ほとんど更新することはなくなりました。これはとても寂しいことです。


若ハゲ番長さんの記事は明らかにオリジナルコンテンツ。それにもかかわらず、いくつかのキュレーションサイトが無断転載しているのをよく目にしました。番長さんはそういったところにも嫌気が差したのかもしれません。

このようなことがあると、そのブロガーのみが知っている有益な情報を私たちは知ることが出来なくなります。髪に悩む人すべてに共有されるべきことが、最近増え始めたキュレーションメディアによって書き換えられてしまう。こういうことが度々ある現状では、ブログを書く人もやる気をなくして当然ではないでしょうか。



キュレーションメディアの閉鎖と、やってはいけない一線を越えたこと


7efbc644d8e04454879ccc8ce5c2ca5d_s.jpg

ここ数年、「キュレーション」と呼ぶ種類の情報サイトを見かけることが多くなりました。DeNAが運営するキュレーションメディアのWelqもそのうちのひとつです。

冒頭で述べたように、Welqについては 「クラウドソーシングで集めたライターに低価格で記事を量産させている」「他サイトからの無断転載をマニュアルで推奨している」などと、薬事法にも問題がある運営体制に多く批判があったことから閉鎖に追い込まれました。

当ブログについても、Welqの記事にてリライトされているのを幾つかみかけましたが、こういった事例は今始まったことではありません。しかしそんな私がスルーしているなかでも、他の方々は決してそれを黙認されませんでした。

今回のWelq閉鎖は、ウェブコンサルタントの永江さんの記事がきっかけとなりました。

この記事はシリーズとして第4回に分けられていて、読み応えがあります。記事にある「やってはいけない一線を越えたこと」。これについては、ブログで情報を発信する人誰もが気をつけるべきことです。著作権侵害や薬事法違反、著しいコピペやリライトなど「やってはいけない一線」を超えてはいけない。

それは今回のWelqの件で明確になったように思います。ちなみにこの記事を書いている途中、DeNAパレットと呼ばれる他のキュレーションメディアも「MERY」以外はすべて非公開になりました。守安社長自らが一連の騒動を謝罪されています。



髪に関するキュレーションサイトも他人ごとではない


67e9107a125c6137ebe799b27e02ee83_s.jpg

最近、育毛・薄毛関連のキュレーションメディアへ寄稿しているのは私ではないか?という問合わせがありました。これについてははっきり否定しておきます。まったく関係はないです。確かに私はこのブログ以外のメディアサイトで仕事をいただいてますが、Welqみたいな1文字1円とかのキュレーションメディアのお仕事はしたくありません。

育毛・薄毛関連のキュレーションメディアといえば、「ハゲ」や「薄毛」のキーワード検索で必ず上位にある、某有名キュレーションサイトがあります。そのサイト立ち上げの頃、しつこい位に 相互リンク の申込みがありましたが、断って正解だったと今回の事件を通じてあらためて思うのです。

関係しなくて良かったと思う理由2つ↑↓

これらの記事の内容で分かるように、今回のWelq閉鎖の件でみると好調だったキュレーションサイトの検索上位独占は、今後まったく分からなくなりました。大手IT企業のDeNAが、welqのみならず他のほとんどのキュレーションメディアまで非公開にしたのは、それなりに大きな理由があると思います。

そういったキュレーションメディアの多くがグレーなビジネスを展開しているように見受けられますが、ネットでの露出が多くなるほど、今回のWelqのように叩かれて炎上する可能性はあるはずです。以前は人気だった「NEVERまとめ」もノイズ記事が多いとしてネットユーザーに見切りをつけられている感があります。

何よりもユーザーが求めているのはオリジナルコンテンツだと思うのです。ブログを書いている個人からブログを読んでくれる個人へ。下手でも伝える気持ちが大切なのではないでしょうか。私が実名・写真を公開しているのは、それを分かっていただきたいからです。

ba93861259e9bd490cc6730dde3d2746_s.jpg

今後、当ブログで使うべき記事のタイトルは、育毛やハゲ、薄毛といったキーワードは一切避けようと思います。記事の盗用をおこなう方法として、RSSフィードを利用するやり方がありますが、その対策として上記のキーワードはタイトルに使いません。

そして、ありきたりな育毛、ハゲ・薄毛といった記事のポストも今後まったくないと思います。より専門性が強くなりますが、これまで同様に文章の中で大切な伝えたいことを読み取ってもらえれば嬉しいです。

関連記事

スポンサードリンク

(0)TB(0)

AFTER「ボディウイング・ソイプロテインの効果。体や髪が若くあるために

BEFORE「泡カラーのデメリット。髪の毛以上に頭皮へのダメージが怖い

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top