kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

やる気が出ない何もしたくない。更年期の危険を感じたこと

てるてる坊主

「更年期障害」といえば、女性に起こるものとイメージされがちです。だから男性には関係ない話、などと安心はできないです。というのも、最近までの私が「やる気が出ない何もしたくない」という状況にあって、まさにそれが更年期の症状だと感じたからです。ずっとこのままでは、自分を見失って髪も失い、信用も失う。そんな危険を感じた今だからこそ、記しておきたいことがあります。

スポンサードリンク

仕事もブログも、この数ヶ月間とにかくやる気が出なかったこと


da7ab9e7e6cb28656c464a1148b97caf_s.jpg

6月に入って、早くブログを更新しなきゃと思いながらも、まったくやる気になれずにいました。6月といえば、このブログの中でよく”6月病”のことを取り上げていますが、今回はそのような季節的なものとは少し違った症状が出ている感じです。


まず何をするにしてもやる気が出ません。仕事も遊びも何もしたくない。しかしながら、商売をやっている以上はお客様を断れませんから、とりあえず仕事はこなします。ただ、そんな仕事の内容でいうと、明らかに良いものとはいえません。特に髪を作るイメージをうまく描くことが出来ないのは理容師として失格です。このような状態なので、ブログのネタもアイデアも当然のように浮かびませんし、つまらない記事を書くくらいなら更新しない方が良いと思うようになってしまいました。


私が感じている更年期障害の症状、また抜け毛が増えてます


814980ac099c22ce019ddad416b897a2_s.jpg

今回のような「やる気が出ない何もしたくない」という状態は、私が以前から気になっていた更年期の症状のひとつだといわれます。


私の場合、毎年6月になるとそのような軽度の適応障害みたいなものが必ず出ていました。しかし今回の場合は、そういう一時的な”6月病”ではなく、既に半年くらい前から徐々に悪化してきたように思えます。具体的には、ここ半年の急激な体の変化として以下ののようなものがはっきりと分かるようになりました。

頭痛・めまい・耳鳴り
耳が聞こえにくくなった
筋肉量の低下
髪の毛が汚くみえてきた
急に白髪が増えてきた


これらは男性の更年期障害の症状といわれているものですが、それ以上に何よりも残念に感じているのが、抜け毛がまた増え始めたことです。昨年までは、髪に悩まない理想的な状態をずっとキープ出来ていましたが、今年になってからは髪の毛が弱く細くなり、だんだん抜けることも多くみるようになりました。これまでは、ブログで取り上げている、抜け毛対策の実践で難を逃れてきたわけですが、今回のような更年期障害が原因だとすると、そこの根本的な治療というものも視野に入れないといけないのかもしれません。


与えられることがあっても、与えることはなくなった中年期の問題


a0960_005572_m.jpg

今の私がいちばん問題だと思っているのが「やる気が出ない何もしたくない」という気持ちの部分です。そもそも、私が今の状況に陥ってしまったのは「守るべきもの」や「与えること」を失ってしまった”喪失感”によるものだと自分ではよく理解できています。

私は今年から新しい生活を始めましたが、自分だけの生活は自由で楽だと思う一方で、そこには「守るべき人」や「与えること」は何もありません。そうなると自分の存在意義や存在価値というものを疑うようになってくるのです。そして、これは私個人だけの問題ではないと思います。

私を含めて中年期を過ぎると、ある程度の社会的な地位だったり、人によっては大きな財産を得ていることもあるでしょう。そのような、社会から「与えられること」があっても、自分から与える・尽くす、といった機会がだんだん無くなりますね。それが中年期以降、生きるうえで大きな問題だと思うんです。

実際に、男性更年期障害を患う人の特徴としても、自分の存在意義や存在価値を見いだせないというのは、かなり大きく当てはまるらしいです。更年期障害を専門にする医師によると、いくらクリニックでのホルモン補充でテストステロンを補ったとしても、そこに自らが気づいて対策を考えないと、男性更年期障害の根本的な治療には結びつかず、ずっと解決しないとのことです。


やる気が出ない・何もしたくない状態に陥らないためにやるべきこと

私と同じように「やる気が出ない何もしたくない」という状態にある方、そうなるかもしれないという方はいないでしょうか?主に社会的な要因が関与するストレスは、更年期障害の原因となるわけで、そこに深くハマってしまうと本当に後が大変です。最近の私は、徐々にこの状態から抜け出しつつありますが、もし私と同じように体が重く動けないと感じている人がいるなら、まず 何でも良いから行動すること を強く言っておきたいです。

7c7b550266a8b16d943d90b6a01a413e_s.jpg

いちばん良いのは、自分が「与えること」が出来るところに足を運ぶことです。自分を必要にしてくれる人と会うこと。これは更年期障害の対策として本当に大きな意味があると感じてます。私はしばらくのあいだ、ボランティアでのヘアカットに出向きましたが、自らが「与えること」で、その相手から感謝されるといった流れのなかで、自分は必要な存在であるという自信を取り戻すことができるのです。

7ba029a342342020268d76f6ac6d93da_s.jpg

男性なら、休日を利用して簡単なボランティアでも良いと思います。女性なら、ヘアードネーションという方法もあります。病気で髪を失ってしまった子どもたちの為に自分の髪が活かされるのは、とても嬉しいことではないでしょうか。


それだけで自分の存在意義を感じることができますが、実際はちょっとしたことで良いんです。とにかく行動をして、精神面に変化を与え続けることが大事だと思います。そうすると徐々に「やる気が出ない何もしたくない」状態から解放されるはずです。



今の時間から、「やる気が出ない何もしたくない」は終わりにします


a0002_010857.jpg

つい最近、このブログを読んでいただいている方から、お問合せをいただきました。ブログの更新がなくて心配しているとのことで、とても申し訳なく思いつつも、気にかけていただいたことを嬉しく感じています。以前にも述べてますが、このブログは私の居場所だと考えています。なので、どんなに体調不良でも、このブログをやめるつもりはありません。

ただ、更新をしばらく止めてしまったことで、読者様の信用を失っていることは受け入れなきゃいけないなと思っています。今後は信頼回復のために何が必要なのか、あらためて考えないといけません。ですから、もうこれまでのように「やる気が出ない何もしたくない」は終わりにするつもりです。

このブログを読んでいただいて、喜ばれるからこそ自分の存在意義が感じられるわけで、本当にありがたいと思いました。ブログをやっている自分はある意味、幸せだなと思います。今後はなるだけ更新したいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

スポンサードリンク
関連記事

3 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/06/09 (Fri) 17:32 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/06/10 (Sat) 01:26 | EDIT | REPLY |   

管理人  

ありがとうございます。

こんにちは。はじめまして。心温かいコメントをいただき、救われた気持ちでいます。

ブログの更新につきましては、今回に限らず過去に怠ってしまうことが幾度となくありました。忙しい中で、わざわざ訪問してくださる方々をまた裏切ってしまった...という逃げたいくらいの罪悪感がいつもありましたが、特にここ数ヶ月はここに戻ることさえも考えることが出来ませんでした。とても申し訳なく思っております。

先日、アンケートを実施させていただいて、このブログに何が求められているのかをよく知ることが出来ました。自分がどのように必要にされているのかも理解できて、今後はもっと読者さんのニーズに応えられるブログになっていくのではないかと思っています。これからも頑張りますので、当ブログをどうぞよろしくお願いいたします^^ ありがとうございました。

2017/06/10 (Sat) 01:54 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

スポンサードリンク