kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

髪が元気になる、そんなチャクラとミヤマキリシマの話

DSC_0799.jpg

先週からやっと梅雨らしくなってきましたが、ありがたいことに今年は例年になく晴れている日が多かったように思います。やはり、天気が良いとアクティブな時間を過ごせますし、その行動のなかで、嬉しい心の変化に気付くこともあります。そんな私は、花がある場所に出向き、それをみていることで、心にしまい込んでいた”やる気”を思い出しました。ただ「花をみるだけ」のことなのに、その習慣が心身、また髪を元気にしているのを感じているところです。

スポンサードリンク

最悪の状態を抜け出せたきっかけは真っ赤なツツジ


kiritutu.jpg

このところ、ブログを更新することが以前よりも多くなりました。徐々にいろんなことに ”やる気” が出てきたせいか、ブログの更新や髪やメンタルのケアも良い感じに進んでいるように思えます。今年に入ってから、しばらくは ”やる気が出ない何もしたくない” という最悪の状態でしたが、そこから抜け出すためにやったことが幾つかあります。

そのなかで最も効果的だったのが 花をみること でした。よくフラワーセラピーとかの心理療法がありますが、そういったものではなく、ただ単に花をみるだけのことを毎日の習慣にしていたわけです。私がいつもみるようにしていたのは、真っ赤なツツジ です。なぜ、ツツジをみることが効果的だったのか、いろいろ調べてみると納得できる理由が分かりました。


白ではなく赤を求め始めたこと


9cc7cdf25f839acef12afe4728906aed_s.jpg

今年に入ってちょうど体調が悪くあった頃、色んな意味で私はすべてを ”白” にしたいと思いました。実際に身につけるものは、白が基調のものが多かったり、このブログのサイトレイアウトにしても、味っけない白色に変えてしまいました。

上の記事の中でも述べていますが、カラーセラピーでいう「白色」というところでは、新しい自分を発見するための ”リセット・リスタート” の色として、自分が心から選んだ色だったのは間違いありません。その当時はそれで良かったと思います。しかしその後が良くありません。リスタートするはずだったのに、自分が向かうべきところが分からなくなってしまったのです。要するに、ずっと「白にある状態」を抜け出せずにいたというわけです。

そんななかで、母の日に花を贈ったとき、しばらくなかった心の変化を感じました。今年はカーネーションではなく赤いローズを選びましたが、そのローズの鮮やかな「赤」がとても力強くみえて、「白」の状態だった心に突き刺さる感覚 があったのです。

赤い花をもっと観てみたい、そう思う時にちょうど近くの公園の赤いキリシマツツジが満開だっだこともあって、しばらくのあいだそこに足を運んだりしていました。当時なぜそれを観たくなっていたのか、いろいろ調べてみると、キリシマツツジの赤く力強い色がヨガや瞑想などの「チャクラ」に関係していることが、理由として分かったのです。


”鮮やかな赤” は「第1チャクラ」を開くことができる唯一の色


bb2a5f076355a9a0cff2dc44c6d9e974_s.jpg

一概にチャクラといっても奥が深くて説明しづらいのですが、簡単に言うなら、私が好んでいるアロマセラピーやカラーセラピーなどの原理となるもの、という感じです。自然療法の分野では根本となっているチャクラですが、詳しくは以下のサイトを参考にされてください。

この記事でも書かれていますが、人間には7つのチャクラがあります。それはエネルギーの通り道だとお考えください。このチャクラが閉じていると直感が悪くなったり、決断力が劣ったり、ひどいと体調を崩したりするとのこと。私がしばらく苦しんだ「やる気が出ない、何もしたくない」というのも、チャクラが開いてなかったということが考えられます。

今回のように、赤いキリシマツツジを観たくなったことや、それを観ることを習慣にしていると体調が徐々に良くなって、行動力もだんだんと戻ってきました。これは、7つのチャクラのうち、「第1チャクラ」が活性化された為だと考えらえます。いろいろ調べてみて分かりましたが、このキリシマツツジのような ”鮮やかな赤” は「第1チャクラ」を開くことができる唯一の色、とのことでした。

ちなみに、第1チャクラにストレスが生じると、無気力感や孤独感、絶望感、非現実感が強く出る といい、それはまさに当時の自分のことだったように思えます。あの時、なぜ赤いローズや赤いキリシマツツジが心に刺さったのか?また、なぜそれを観たいと思ったのか?今はその答えがはっきりとわかってきた感じがします。


ミヤマキリシマを観て”やる気” が戻ったブログの更新


DSC_0765.jpg

先日の月曜日はとても天気が良かったので、休日の趣味でもある霧島山での登山を楽しむことが出来ました。この時期は霧島の山々に自生する花のひとつ、ミヤマキリシマ(深山霧島)を眺めながら、心癒される登山を楽しむことができるのです。実は、このミヤマキリシマもツツジの一種で、「深い山に咲くツツジ」という意味でミヤマキリシマと名づけられました。

DSC_0784.jpg

九州の標高の高い場所に来ないと見れないツツジですが、この紫紅色いっぱいの風景をみるために、わざわざ霧島山に登る人もけっこう多いのです。

DSC_0796.jpg

この紫紅色のミヤマキリシマをみることが今回の登山の目的でした。それまで、真っ赤なツツジに刺激を受けたので、次に紫紅色のミヤマキリシマからは、どんな刺激を受けるのだろうと楽しみにしていたのです。雨が多い時の登山はあまり好きではないので、その日の山行は見送ろうかと迷いました。でも今となっては、その日に決行して正解だったと思っています。なぜなら、こうやってブログを書くという ”やる気” が戻ったのも、その日以降からのことだったので。


ミヤマキリシマの”紫紅色”は髪に通ずる第7チャクラの対応色


tub.png

実は、このミヤマキリシマの紫紅色というのは、チャクラのなかで私が一番大事だと思っている「第7チャクラ」に対応する色なのです。「第7チャクラ」というのは、髪がある頭の部分に位置しています。詳しくいうと、いろんなサイトでよく育毛に良いとか言っている ”百会のツボ のところですね。

そこの「第7チャクラ」のある”百会のツボ の部分は、自律神経と直結していますから、心身の健康のみならず、髪の健康維持のところにも深く関わっているのです。また、よく頭皮マッサージが良いといいますが、それにはちゃんとした意味があります。それは、第7チャクラのエネルギーの流れが滞ってしまわないように「心地よく頭をゆるめる」という意味です。よくある頭皮マッサージするだけで髪が生えてくることはありません。やはり、心身すべてのエネルギーの流れを読んでこそ可能だといえるでしょう。

mk.jpg

しかしながら、この「第7チャクラ」に対応するミヤマキリシマの”紫紅色”を楽しんでからは、髪の調子が良くなったのも事実です。以前に、髪は神に通ずる!パワースポット霧島山へ願掛け登山 という記事のなかで、スピリチュアルな話をしました。

第7チャクラが最も霊的なチャクラであることや、霧島山に咲く紫紅色のミヤマキリシマとの関係を考えると、髪の回復も充分に可能ではないかと思うわけです。花を観て癒やされるのは当然ですが、それ以上の嬉しい効果を感じたのは初めての経験です。皆さんも何かに悩まれたときは、チャクラに対応する色にこだわってみてください。心に良い変化がみられるかもしれません。

DSC_0825.jpg

帰りに毛ふさふさしてる子に出遇いました。

スポンサードリンク
関連記事

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク