kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

誇大広告の育毛剤。それを論破するブログに感じた真実のこと

Npy00ASXt8M1TMo1499253525_1499253815.jpg

ここ最近、育毛剤の誇大広告っぽいものをよく見るようになったと感じます。私がこのブログを始めた五年前は、育毛剤の業界はまだ静かなものでした。誰もがまず効果を疑うであろう育毛剤なのに、それを過剰に勧めるサイトが最近は多過ぎるのです。しかしながら、逆に「育毛剤を勧めないブログ」も少なからずあります。そういうブログは今のこの現状をどのように捉えているのでしょうか?そこでは ”育毛剤の本当のこと” が真摯に語られており、それは 私にも、皆さんにも、重要なこと だと感じたので、取り上げてみることにしました。

スポンサードリンク

不憫でならない「何処もかしこも育毛剤推し」の現状


bc.jpg

このブログのテーマは「育毛・薄毛の自然派ヘアケア」なので、育毛剤とかどうでも良い、という人も多いかもしれません。ただ、髪に費やする大切なお金や時間を無駄にしてもらいたくないので、今回のことを記事にしてみようと思いました。

まず、冒頭でも述べたように、私がこのブログを始めた五年前というのは、育毛剤もそこまで話題になることはありませんでした。それ以前から、育毛剤そのものが懐疑的にみられていたせいか、ヘアケア市場における育毛剤の需要というのは、それほどでも無かったわけです。

でもここ数年は違います。例にすると2015年度の育毛や発毛、増毛、植毛の市場規模は、前年度比100.1%の1,402億円です。なかでも、育毛剤市場規模は同102.8%の672億円。その後も微増傾向で推移しているのは、何よりも育毛剤が売れ続けている証拠です。

育毛剤なんて効かない。多くの人がそう思って懐疑的なのに、メーカーは誇大広告をうつかのように集客し、強気で育毛剤を勧めます。また、それを買う人が多いからこそ業界が潤っているわけで、その傾向をずっと感じている私としては、今のような「検索すれば何処もかしこも育毛剤推し」という現状が不憫でなりません。


業者にすれば稼げる育毛剤。そこに大切なお金を使う価値はあるのか?


hooponopono1.jpg

しかしながら、そこまでいう私も実をいうと育毛剤をずっと使い続けて効果を感じています。育毛剤というのは、選び方や効かせるコツをしっかり理解していれば、多くの場合、効いてくれます。その重要な部分を知っているからこそ、育毛剤の誇大広告みたいな白々しい見た目に嫌気がさしてしまうのです。

業界は育毛剤を多く売りたいというのは分かります。育毛剤は商品価格の70~85%近くを利益率として設定しているというところでは、売れば売るほど稼ぎも大きいです。多少無理があってもセールスしたくなるのは、人として理解できないこともないのですが、最近ではあまりにもそれが酷くなっているのを感じます。このような私の考え方が誤っているのか、確かめたところ、私以上に現状を重く受け止めているブログをみつけました。医薬品での薄毛治療をされている方のブログですが、見解がとても的を射ているので参考になると思います。


このブログにも書いてありますが、育毛剤は決して安いものではありません。はっきりいうと原価の割りに高すぎるのです。だからこそ、そのメーカーや取り扱うサイト・ブログは偽っていることを載せてはいけませんし、それは当然として、ちゃんとしたエビデンス(科学的根拠)まで示し、実際の使用効果の最後までレポートする必要があると思うのです。大切なお金を払う価値がそれにあるかどうか?そこが重要ではないでしょうか。それなのに、広告主やアフィリエイターなどの稼ぐための手法ばかりが優先されて、今やそれがとてもエスカレートしています。その現状が残念でなりません。


私がチャップアップを使わなくなった本当の理由


ミツイシ昆布のM-034育毛効果、食べるより頭皮で味わってます

私は3年前に、初めての育毛剤として「チャップアップ」をしばらくの間使っていました。それ以前は育毛剤をまったく信用していなかったものの、自身のスキルアップの目的もあって育毛剤を使うようになったのです。当時に多くあった抜け毛が改善されたこともあって、それ以来は育毛剤の効果に注目するようになりました。その後いくつかの育毛剤を試したなかで、現在までずっとDeeper3Dを使っています。

そんな良いきっかけになったチャップアップですが、正直にいうと今はあまり良い印象を持っていません。なぜなら、チャップアップは前述のような「何処もかしこも育毛剤推し」の第一候補となる育毛剤に成り下がってしまったからです。

なぜ、何処もかしこもチャップアップを推すのか?それはやはり稼げる育毛剤という以外何でもないからです。以前に使っていた私としては、これ以上のことは言えません。もっと知りたいという方は、以下のブログを読まれてみてください。私が言えないこと包み隠さず暴露している、ちょっと危険なブログです。




ランキングサイトがチャップアップを上位にする理由


QMU9eJAtk5XVmSj1499255767_1499256087.jpg

機会があれば育毛剤のランキングサイトというのを検索してみてほしいです。ほとんどがチャップアップを1位、または上位となってます。それに対して私が効果を感じて使い続けているDeeper3Dは、ほとんどランキング下位。なぜそうなるのか?何をもってランキング付けしているのかよく分かりません。

ただ言えることは、アフィリエイトで得られる報酬の違いです。アフィリエイトプログラムについては、このブログでも取り入れており、その報酬は育毛剤やシャンプーなど、ブログ運営の費用とさせていただいています。それぞれの育毛剤アフィリエイトの報酬については、実際のところかなりの差があります。ここまでいうと、なぜDeeper3Dがランキング下位にされているのかが分かると思います。

また、AGAなど脱毛症治療の専門医の意見でも、チャップアップが意味のない育毛剤であることがよく指摘されています。

ランキングサイトでは、有効成分の数の多さから、チャップアップを上位にしていたりしますが、専門医師がいうにはチャップアップには発毛させる成分がまったくないとのことです。そうであれば、毛髪成長因子が配合されたDeeper3Dの方が、可能性としてランキング上位にすべきではないでしょうか。事実、Deeper3Dはクリニックでも勧めていたケースをみたことがありますし。実際に、そこの運営者が使ってるかも不明なチャップアップなのに、それを勧めているランキングサイトは信用すべきサイトではありません。


本当に信用できるブログ(サイト)を見分ける方法


33_2licFPQ3QZ_51499256247_1499256380.jpg

それでも育毛剤を買いたいと思ったときは、本当に信用できるブログ(サイト)にて、その運営者のいちばんお勧めしてるものを買うようにした方が良いと思います。とはいっても、ここまで「何処もかしこも育毛剤推し」の現状では、そんなブログ(サイト)をみつけるのは難しいと思います。なぜなら、ネットの検索上でおこなわれている「育毛」「薄毛」の商業的な手法というものが、とても巧妙におこなわれているからです。まず私のような ”個人の主張” を述べる育毛サイトは、育毛剤の業界にとって邪魔な存在なので、ネットの検索ではほとんど消されたサイトになってしまいます。
seo-ooo.png

そこで検索されるには、GoogleやYahooに大きなお金を支払ってSEO対策をしなければなりません。それを実行できる育毛剤の業者に対して、私のような個人のブログはそこまで出来ませんから「育毛」「薄毛」の検索上では、ほとんど見つけてもらうことはできません。そこで検索して出てくるのは、結果的に育毛剤を勧めるだけのランキングサイトや、パクリ疑惑で騒がせたキュレーションサイトになるというわけです。


育毛剤 2ch
育毛剤 アフィリエイト
育毛剤 意味ない
育毛剤 嘘
育毛剤 会社
育毛剤 企業
育毛剤 広告
育毛剤 詐欺
育毛剤 市場
育毛剤 即効性
育毛剤 相場


例えば、このようなキーワードで検索をかけてみてください。 これらは育毛剤業界にとってネガティブな言葉で、ここは触れてほしくないというキーワードです。このキーワードで記事にすることはほとんどありません。逆にいうと、このようなキーワードで記事を書いているブログ(サイト)は真実を述べていることが多い傾向にあります。しかしながら、中には一定の育毛剤を嘘とか言っているサイトが、それをネタにして結局、別の育毛剤を勧めているパターンもよくあります。これについても「発毛の裏側」さんが激しく斬っていました。


このような巧妙なやり方は育毛剤の業界ではごく普通に行われているので、何をもって良いサイト・悪いサイト見極めるのか、そこはとても難しいと思います。ただいえることは、今この「何処もかしこも育毛剤推し」という状況のなかで、チャップアップを第一に勧めているサイトは、まず信用できないということです。

私がチャップアップを使い始めた当時は、まだ発売されたばかりの時で、今のようにサイト運営者の利益重視で勧められるような育毛剤ではなかったのです。それだけに、いまの状況を残念に思うところなのです。

今回、掲載したブログのように育毛剤を批判するブログはそう多くありません。その方々の経験を多くの人に知ってほしいという貴重な心の声だと感じたので、私もそこに耳を傾けて、ブログに綴るべきだと思いました。ぜひご理解いただければと思います。

スポンサードリンク
関連記事

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク