kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

1500Wのドライヤーを使う為に知っておきたいコンセント対策

1500w1.jpg

頭皮に良いと感じて使い続けている1500Wのドライヤー。しかしこれを使うには、許容電流をオーバーしそうな「コンセント」の問題 を避けては通れません。快適に安全に使うために、そこの問題をどうクリアすべきのか?対策などあらためて考えてみたいと思います。

スポンサードリンク

なぜ家庭用のドライヤーは1200Wまでが多いのか?

1500w2.jpg

業務用や家庭用など、いろんなドライヤーを使ってきた私が感じている「頭皮に良いドライヤー」とは、温風温度が低くて風量が大きいもの を条件とします。具体的には1500Wの高消費電力ドライヤーのことをいいますが、その大きな風量や風速というのは、髪や頭皮を労わるうえでとても効果的であると感じています。

しかしながら、家庭用のドライヤーは600~1200Wが一般的です。1500Wのドライヤーを使おうとしても、そこで使うコンセントが、その大きさに対応していないと安全に使うことができません。

一般家庭の洗面化粧台のコンセントは、大体が1200Wまでとなっているので、やはり家庭用のドライヤーは1200W以下のものが中心です。また、多くの家の壁コンセントの許容量が15A/1500という点でも、余裕をみて1200Wとしてるわけですね。(起動時は1200Wを超えてしまうため)


1200Wのコンセント使用は危険。1500Wでもギリギリです

konnsennto1.jpg

洗面化粧台のコンセントは、サービスコンセントというところで1000Wとか1200Wまでという制限があります。そこに1500Wのドライヤーを繋いで使うことは避けるべきです。なぜなら、コンセントの内部が熱を持って焦げてしまい、最悪の場合は火事になる恐れがあるから です。

それを避けるために、とりあえずは洗面化粧台で1500Wのドライヤーを使わないようにします。そうなると、壁のコンセントから直接電源をとる形となりますが、その場合でもブレーカーなど落ちないように、消費が大きい家電など同時使用するのは止めたほうが良いです。

また許容電流でみても、なんとかギリギリといったところでしょうか。15Aの壁コンセントで、許容電流をオーバーしてなくてもギリギリなので、経年劣化よりも早く傷むらしいです(電気屋さんに聞いた話)。

1500w3.jpg

ドライヤー起動時は1500Wを大きく超えてしまいますし、どちらにしろサロンワークのように頻繁にスイッチオン~オフを繰り返すなどは出来ない感じです。ただ、1500Wのドライヤーは短時間で乾くというのが大きなメリット。激しく使い込むことはないので、許容電流のオーバーもそこまで心配はいらないのではないかと思います。


私自身がコンセント対策でやっていること


私の場合は、やはり1500Wのドライヤーを使っていたいので、専用回路を設けて20Aのコンセントを使用 するようになりました。

そこまでしなくても良いのかもしれませんが、それだけ今使っている、Nobbyのハイパワードライヤーが素晴らしく、それを伝えたいと思ったわけです。1500Wのドライヤーはデメリットがある一方で得られるメリットも大きい。うまく対策をして安全に使っていきたいですね。

スポンサードリンク
関連記事

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク