育毛・薄毛の自然派ヘアケア ~理容師の知恵袋~



2016 01/02

このブログの目標と指針

18146154_eabea6c575.jpg

ご訪問いただきありがとうございます。kame38blogへようこそ。


スポンサードリンク


シャンプー台2

いつも当ブログをご観覧いただき、ありがとうございます。そして初めてここを訪問されれた方へ。はじめまして、理容師のkame38 といいます。身体・頭皮に無理のない自然な方法での育毛・薄毛対策を日々追求しています。お店の営業中はお客さんの対応をしていますので、当ブログの更新は閉店後、もしくは少しの空きの時間でしています。

私は今日までの理容師経験のなかで、いろんな髪の悩みを持つお客様に対応してきました。そのなかでも薄毛・抜け毛の悩みを抱える人が多くいて、その深い悩みについて問われることが多くなったと最近は感じております。

髪の悩みが深刻化したことで ”生き方が変わってしまった” という話も聞いてきました。そのことが良い方向に向かうこともあり、最悪な方向に向かうこともあるようですが、これらはその人の考え方次第で変えることが出来ると私は思うのです。

髪2

来店されるひとりのお客様は、抜け毛がひどかったことで鬱病になってしまい生活に支障が出てしまったり、ある人は完全に脱毛してしまったことで、悩みを吹っ切れることができ、以前とは違った気軽な生活を送れるようにもなっています。これは考え方の部分で、髪の問題とどう向き合うかによって変わってくるもの といえます。

ただ、これは人それぞれが異なった性格である以上、すべての人が同じ考えになれるというわけではありません。そのことを多く観てきた私としては ”人生が変わるほどの髪の問題” というのを無くすためにはどうすれば良いかを考えるようになりました。

またそれは来店されるお客さんに限られたものではなく、私自身の髪の心配でもあるわけです。その危機感を感じたことが、このブログを始めた理由でもあります。時代と共に増えてきている、薄毛や脱毛症など髪の問題はこれからも増えることが予想されるわけで、この流れをどこかで止めないと、薄毛や脱毛症の問題はますます深刻化してしまうのです。



● 食の欧米化が日本人の抜け毛・薄毛を促したこと

3179401734_70447d2116_z.jpg

育毛・薄毛対策に関係するものとして、体に摂り入れる「食」が大きな役割を果たします。もともと日本人は農耕民族ということから、健康はもちろん、髪にも良いという食事をしていました。時代が進んで様々なものが便利に使え、食文化の発展がありましたが、そのような欧米化は間違いなく髪に悪影響を与えていると考えて良いでしょう。世界的にみても欧米人は薄毛の割合が高いというデータがありますが、アジア、特に 日本人はもともと薄毛に悩む人などあまりいなかった といいます。

戦後、高度成長期を得て生活も便利になりました。髪の問題についても、育毛剤や治療薬など医学的にみれることは大きな進歩だったと思います。ですが、それらによる育毛や薄毛対策は確実で安全なものなのでしょうか?本当に髪の回復があり、それを継続して最期を迎えることができれば、それが人生最高のゴールなのかもしれません。ただそれには体の健康を害することも有り、そうしてまで目指すものなのか疑問に思うことが多々あります。



● このブログの目標と指針

s_kame38プロフ1

このブログの目標と指針は医薬品だけに頼らない、体内から頭皮・髪を育てる事です。育毛剤や発毛剤などの医薬品の使用、またはこれから行なうとしている育毛法に、まったく効果がみられない時、このブログをご覧になってください。一般的な育毛法よりも理論を掘り下げ、育毛の核心部分である体の内部からみています。

髪を育てられる体 ・ 髪を育てられる食 ・ 髪を育てられる知識

この3つはどんなに効果のある医薬品を使おうと、髪の健康維持・髪を育てるものとして、いちばん必要なものなのです。これらを理解していないと髪を一生のものには絶対にできません。長くなりましたが、ここまで読んでいただいてありがとうございます。このブログに綴る想いが、薄毛や脱毛症に悩む人の手助けになれば幸いです。その想いは育毛・薄毛対策の有力な情報として発信します。今後も当ブログをよろしくお願いいたします。



関連記事

スポンサードリンク

(0)TB(0)

AFTER「髪に良いレシピ集

BEFORE「管理人プロフィール

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top