kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

石鹸シャンプーで天使の輪を出すためにやっておくこと

ee423c47faf9f25f312f73225c465b30_s.jpg

石鹸シャンプーを続けていると、だんだんと健やかな髪や頭皮になってるのを感じられます。発毛したり髪が育ったりはしませんが、自分がもともと持っていた髪の美しさに気付いたとき、その嬉しさは格別だったりします。そこで今回は石鹸シャンプーをやって ”天使の輪” を出すための方法 を述べてみたいと思います。

スポンサードリンク

まず、初めに言っておきますが”天使の輪” とは言っても、あくまでも ”石鹸シャンプーでつくる天使の輪” というのが今回のテーマになります。普通のシャンプーやトリートメントに頼らない方法ですが、それでもうまくやると、このように綺麗な天使の輪が出来るってことを述べたいわけです。

wa.jpg
https://ameblo.jp/reenn/entry-12292928977.html

しかしながら、いくら石けんシャンプーで髪サラサラになれるとしても、必ず毎日洗うみたいなことはあまり良いとは思えません。なぜなら、もともとの髪が綺麗に見えるのは「皮脂」のおかげでもあるわけで、毎日石鹸シャンプーしてしまうとその皮脂は流れてしまうから。

個人的な理想としては2日に一回が好ましいように思えます。そのうえで以下のことをおこないます。


いい加減に出来ないブラッシングの重要性

fe72677fa6d59b9ee0bf54380c0d51b9_s.jpg

弱酸性の髪の毛に対し、石鹸は弱アルカリ性なので、髪の毛への負担でいうと石鹸シャンプーは決して良いものとはいえません。なので、なるだけ迅速に終わらせる為に、石鹸シャンプーの前にまずブラッシングをします。

髪の毛についた埃はブラッシングで取れますし、皮脂汚れは熱めのお湯で溶解されやすくなります。これをすることで短時間で済ませられ、髪の傷みも和らげることができます。

ここでの注意点は、濡れた髪をブラッシングしないことです。濡れた髪を無理矢理に梳かすとキューティクルがはがれるなどで痛んでしまい、髪全体が汚く見えてしまいます。お湯で予洗いする前に、まず毛先から少しづつ梳かしてください。それから予洗い→石鹸シャンプーをおこないます。


”天使の輪”を出すために選ぶべき石鹸とは

kokei-ekitai5.jpg

石鹸シャンプーに使う石鹸は、液体でも固形でもどちらでも良いのですが、素材がパーム油のものは避けるべき だと思います。パームのものは硬くてなかなか溶けないし、髪に馴染みにくいので泡立てに時間がかかります。

なので、髪の毛への負担もけっこう大きいです。あまり、艶やしっとり感が出づらいので”天使の輪” というよりもボリュームが出るような仕上がりになりますね。

しっとり感があって綺麗な”天使の輪” を出すのであれば、アレッポの石鹸を始めとしたオリーブ石鹸がいちばん良い と思います。

kokei-ekitai3.jpg

オリーブ石鹸には、せっけん素地の他にオリーブオイルの保湿成分であるスクワランやグリセリンが含まれています。特に、アレッポの石鹸は溶けやすいこともあって、成分が髪に馴染みやすいので”天使の輪”が出しやすいように感じます。



石鹸カスが残っていてはダメ。酸性リンスは必須

d1df8b67e71839b69e8b1cf45ed724b1_s.jpg

ここからが非常に大切です。速やかによく(しっかり)泡立てて洗ったら、あとはすすぎを確実におこないます。すすぎ残しなどしないようにしてください。泡立てとすすぎが不十分だと石鹸カスが残ることになって、べたつきやごわつきが酷くなったりします。ここは充分に注意してください。

私はクエン酸リンスしないことが多いのですが、髪を綺麗に見せるためにはクエン酸リンスなどの酸性リンスは必要 です。

この場合、クエン酸+グリセリンでされることをおすすめします。可能なら髪に良いエッセンシャルオイルを入れてみてください。私が酸性リンスするときはこんなことをやっています。



オイル&つげ櫛を使った方が良い

d81bb5f05b797bf5a70d48549f27c5c6_s.jpg

個人的には、石鹸シャンプーが終わったあと、生乾きの時にホホバ油などのキャリアオイルを使うと艶が出てくれます。椿油も良いですね。

この場合、つげ櫛も使用するとかなり効果的 です。プラスチックの櫛だと摩擦で引っかかり、髪が切れることもあるので、そこを避ける目的でもあります。

つげ櫛は使い込むごとに椿油がしっかり染み込んでくるので、静電気も気にならないし、だんだん自分の皮脂にも馴染んできます。これを続けることで綺麗な”天使の輪” が出来るようになります。


あと、ドライヤー使用時は乾かし過ぎないように気を付けてください。



時間はかかりますが我慢して待っていてください

bc931e4ea2b5e75ef9395b79e96780cf_s.jpg

普通のシャンプーから石鹸シャンプーに切り替えたばかりで、以前のシャンプー&リンスの残留成分が抜けていない間は、なかなか髪は綺麗になってくれません。

また髪が傷んでいる場合もそうなのですが、傷んでいる部分を少しづつカットしていけば、徐々に艶のある本来の髪になります。ここはトリートメントなど使わずしばらく我慢してほしいです。

以上が石鹸シャンプーで天使の輪を出すための方法になります。もっと細かいところでは、石鹸シャンプーに使う水や体質の相性などいろいろありますので、今後の記事のなかでも詳しく述べていきたいと思います。

スポンサードリンク
関連記事
スポンサードリンク