スポンサーサイト

kame38 (亀井貴史)

kame38 (亀井貴史)

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事が気に入ったら
シェア!

シェア

Twitterでhair_kame38をフォローしよう!


Posted bykame38 (亀井貴史)

”男”の理容師によるスカルプD効果のインプレ

kame38 (亀井貴史)

kame38 (亀井貴史)

scalp-d-1.jpg

最近のメンズシャンプーの品質向上が凄いと思うなかで、今回の13代目スカルプDは男性が求めることを多く満たすシャンプー だと感じました。男の理容師、育毛のウェブライターである私としては、このシャンプーで洗うメリットを分かりやすく伝えたい。そんな13代目スカルプDのインプレッションを、今回いろいろ書いてみようと思います。

スポンサードリンク



頭皮を変える13代目。過去のものとどう違うのか?

scalp-d-2.jpg

頭皮ケア専用のシャンプーとして多くのユーザーがいるアンファーのスカルプD。スカルプDといえば、専門医師や医療機関、大学機関との共同研究によって毎年リニューアルしているシャンプーです。2018年前期までがスカルプD13代目となりますが、この13代目のスカルプDが思ったよりも良い感じです。

過去のスカルプDとどう違うのか?まずそこを簡単に説明しておきます。これまでのスカルプDは、おもに「頭皮を洗うこと」を目的にしていました。しかし、今回の13代目では「頭皮を変えること」を目的としたシャンプー となっています。

scalp-d-3.jpg

頭皮の厚みが抜け毛を左右する。これは ”頭皮が薄いと髪が根付かない” という頭髪専門クリニックの臨床データが元になっているとのこと。アンファーが提携するヘアメディカルグループの患者数が多いので、その臨床現場から得た研究開発だと思われます。私が仕事上で聞くところによれば、今の13代目以降もさらに質を高めていくとのことでした。


理容師として伝えたい、男性にとってのプラス要素

scalp-d-4.jpg

私が理容師としていうと、たしかに髪が薄い男性が ”頭皮が薄く硬い” 状態にあるのを感じたりします。例えば、頭皮マッサージを施すとき、頭皮が硬くて動かしにくかったりなど。そんな 「根付きにくい薄い頭皮」を「根付く厚い頭皮」に変える というのが13代目スカルプDのコンセプトになっています。

scalp-d-5.jpg

私自身、しばらくの間のスカルプD使用で「根付く厚い頭皮」に変わったのか分かっていません。ただ、これで洗うことで ”男性にとってプラス要素” が色々あったことを感じています。

なかでもよく分かったのが、コシがなく弱かった髪の毛が、生き生きと立ち上がるようになっていたこと。

scalp-d-6.jpg

これによって、ずっとやりたいと思っていた髪型も可能になっていました。男性であり理容師として、自信が持てるようになったことが何よりもありがたかったです。

その他にも、抜け毛が減るなど髪の良い変化が幾つか見られましたが、男の髪型を創る理容師としては、そのような美味しい話はどんどん伝えていきたいと思うわけです。


1.外観・ボトルデザイン

scalp-d-7

ここからは、スカルプDシャンプーのインプレを成分の解説と交えて書いてみます。

まずは外観から。過去のスカルプDでは、赤く角型の男っぽいボトルをずっと採用してましたが、今回の13代目では丸く厚みのあるボトルになっています。

scalp-d-8.jpg

このあたりは、前述の ”頭皮の厚み” をイメージ しているのか、これまでと大きく変えてきた印象があります。

丸くコンパクトになって持ちやすいのに、内容量はこれまでと変わらず350ml。バスルームまで持ち運びする私にとって、この大きさは丁度良いと感じています。


2.シャンプー液・洗浄成分

scalp-d-9.jpg

次にシャンプー液です。クリアで少し黄色みがかった液体は、見た感じこれまでのスカルプDシャンプーと変わってません。しかし手に取ると、これまでよりも粘っこいテクスチャーであることが分かります。

これは、13代目スカルプDの構成成分が以前より多く配合されているためです。たとえば、洗浄成分に割と高価な「コハク酸系洗浄成分」 を使うようになりました。

scalp-d-10.jpg

スカルプシャンプーの特徴である、強い洗浄力が心配されていたスカルプDですが、今回はそこを補うためのコハク酸系の洗浄成分の配合。しっかり頭皮を洗いあげる一方、低刺激で頭皮に優しいのが特徴です。

私は頭皮が荒れやすいので、スカルプDは避けるべきと考えてましたが、コハク酸系の洗浄成分が主体なら、まったく問題ないようです。


3.泡立ち・香り

scalp-d-11.jpg

そのような洗浄成分の特徴は ”泡立ち” でみてもよく分かります。過去のスカルプDと比べると、濃密でクリーミーな泡立ちです。「コハク酸系洗浄成分」を含め、新しい有効成分「スカルプボリューマー」や「豆乳発酵液」、その他の保湿成分の配合により、このようなきめ細かくもっちりした泡になっている感じです。

scalp-d-12.jpg

濃密な泡とはいえ、スカルプシャンプーらしく泡切れも良好。また香りも以前より良くなってます。

これまでのスカルプDシャンプーの香りは、少し薬品っぽい香りが苦手だったんです。しかし13代目スカルプDは、ユーカリ精油の配合を強めたのか、男性向きの爽やかで癒される香りに変わってます。

以前に書いたこちらの記事では、ユーカリオイルの育毛効果をお伝えしました。私と同じように、その効果に目を向けたアンファーからは スカルプDに対しての”本気” が感じられます。


4.パックコンディショナー

scalp-d-13.jpg

パックコンディショナーは必ず使った方が良いと思います。なぜなら、スカルプDシャンプーの効果というよりも、パックコンディショナーの働きが大きい と感じたからです。

scalp-d-14.jpg

通常、リンスやコンディショナーというと長めの髪に使うものであり、短髪の男性には必要ありません。しかしスカルプDのパックコンディショナーは、短髪であろうが使った方がいいです。

なぜかというと、これは頭皮専用のコンディショナーなので、頭皮パックすることで 「スカルプボリューマー」 などの有効成分が、頭皮によく浸透してくれるからです。(とはいっても、毛母細胞に働きかけることは絶対有り得ませんので、そこははっきり言っておきます)

scalp-d-15.jpg


頭皮パックのやり方はとても簡単。以下の通りにやってみていただきたいです。

scalp-d-16.jpg
まず、頭の大きさに合わせて適量を手に取ります。

scalp-d-17.jpg
髪と頭皮全体に指の腹で塗り伸ばし3分~5分放置します。

放置している間はマッサージして、最後に少し潤いを残してすすぎます。普通のリンスのようにさっさと流しても良いのですが、せっかくなら なるだけ時間を置いた方がいい です。有効成分が頭皮によく浸透しますので。

私の場合、バスルームが寒いので頭皮パックしている間はお風呂に浸かってますが、そんな手間をかけてもやってみる価値がありました。


(こんな髪に!)私がスカルプD使用で感じた髪の変化

scalp-d-20.jpg

では、私自身がどのような髪の変化を感じたのか?それについて具体的に述べてみたいと思います。

これまでの私は、ブログでいつも述べていたように、たびたびの抜け毛に悩んでいました。そんななかで13代目スカルプDシャンプーを使い、「根付く頭皮」になったのかは分かりませんが、抜け毛は明らかに減りました。

また、弱かった髪の毛が根元から立つようになり、ずっとしたかった男らしい「バーバースタイル」も可能に。

scalp-d-18.jpg
これは、髪の毛にコシが無く弱々しかった時期のシャンプー。

scalp-d-19.jpg

こちらは、13代目スカルプDをしばらく使用していた髪の状態です。
髪が強く、立ち上がるようになり、したかった「バーバースタイル」の髪型に。

以下は効果があったと感じている有効成分の一覧です。

①スカルプボリューマー。頭皮を厚くしっかり根付かせる。
②豆乳発酵液。脱毛の原因となる悪玉男性ホルモンを抑制。
③インナーボリューム成分。ハリコシ・ボリュームUP効果。
④ラメラエクスパンダー。これらの有効成分の浸透が最大に。


※これらの有効成分の詳細は アンファー公式サイト で確認してください。

これまで、スカルプDについては、あまり良い印象を持っていなかったのです。しかし、私に足りない ”男性力” をつけたいと考えたとき、今回のスカルプDの使用がとても効果的でした。ここでいう ”男性力” とは、太くて抜けない強い髪 のことです。

scalp-d-22.jpg

私は最近よく思うんです。やはり 男の理容師である以上、男性客の見本であるべき だと。私は、決して ”お手本” になるような人間ではありません。でも、髪に悩める男性の見本には絶対なれるはず。そう思わせてくれたスカルプDシャンプーに感謝しています。

スカルプD・予防医学のアンファーストア


以上、13代目スカルプDシャンプーのインプレッションでした。

スポンサードリンク
     

この記事が気に入ったら
シェア!

シェア

Twitterでhair_kame38をフォローしよう!

関連記事

Posted bykame38 (亀井貴史)

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。