新陳代謝で髪の毛は抜けるのが普通でも、衰えると普通でなくなる話

kame38 (亀井貴史)

kame38 (亀井貴史)

-
dUAjcNYxFdyLsn51516637445_1516637638.jpg

昨年は ”代謝力の向上” によって、抜けない髪の毛を維持できました。今年はさらにそれを強化していきます。髪の毛の代謝といえば、よく「新陳代謝」のことをいいますが、この新陳代謝が衰えると、抜け毛が多くなるのではないか?と考える人もいます。そこで今回は、新陳代謝が衰えると髪の毛は抜けるのかどうか、それについて述べてみたいと思います。

スポンサードリンク

まずは、髪の毛の新陳代謝「ヘアサイクル」を知っておく


髪の毛が抜けるのを新陳代謝のひとつとして考えます。そんなとき、ぜひ知っておきたいのが「ヘアサイクル」のこと。まずは、そのヘアサイクルについて簡単に述べてみたいと思います。

sinntinn1.jpg

まず、頭皮の下には「毛包」というところがありますが、この毛包の中の奥深くに”発毛の司令塔”ともいえる「毛乳頭」があります。その毛乳頭が指令を出すと、毛母細胞が活発になり、分裂を繰り返して髪の毛が徐々に成長し始めます。

260a063a8674d278b829d8e9414e5ae2_s.jpg

そして「毛包」から芽を出した産毛は、さらに成長して”逞しい大人”のような髪の毛となりますね。この間は2年~6年。その後はだんだんと衰えていって、最終的に髪の毛は抜けるようにその一生を終えます。

これがいわゆるヘアサイクルです。この ヘアサイクル(2年~6年)の期間は、髪の毛が生えてる→抜けるを繰り返す「髪の毛の新陳代謝」の期間 だと考えてください。そこでみると、新陳代謝の中で髪の毛が抜けるのは、いたって普通であることが分かると思います。


髪の毛が抜けるのは毛母細胞による新陳代謝のひとつ

c713aaf5916189d9dca28577be6c46f3_s.jpg

誰もが知っている「新陳代謝」ですが、髪の毛でいうと少し分かりづらいかもしれません。なので、詳しく説明しておきたいと思います。

新陳代謝とは、体の中の不要な老廃物や古い細胞を体外に出して、その一方で体を作るために必要な新しい物質を取り込むこと。

これが新陳代謝の働きですが、それによって細胞はどんどん生まれ変わるわけです。これは髪の毛についても同じで、毛母細胞による新陳代謝の一環として生えてくるもの と思ってください。

この新陳代謝の働きは、ターンオーバーともいいますが、古くなった体組織を再び綺麗にする役目をしています。これは20代~30代くらいまでだと、それで安心だと思うんです。でも、中高年にさしかかってくると、だんだん安心できなくなってくるんです。

touhihiyake2.png

なぜなら、加齢と共に新陳代謝がどうしても落ちてしまうので、新しい髪や頭皮を生成する働きもだんだんと弱ってくるからです。

例えば、40歳~50歳を過ぎて急に髪の毛が多く抜け出したという場合など、そういう時は 新陳代謝の衰え というのを、まず疑うべきだと思います。それを感じている私としては、やはり「代謝力を上げる」ってことを第一に考えたりしますね。



良い睡眠で新陳代謝が高められ髪も抜けにくくなる

17073fdf1da9d0987a6cca453561812a_s.jpg

睡眠不足は避けて、睡眠時間をよくとること。髪の毛の新陳代謝を考えるなら、ここを軽視しない方が良いです。

やはり睡眠をしっかり取るというのは健康維持の基本ですし、さらに睡眠の質が良くなると体の新陳代謝を高められます。新陳代謝が高くなると、毛母細胞の細胞分裂も促され、前述した「ヘアサイクル」も長くなりますよね。

もし睡眠不足などで新陳代謝が悪くなれば、髪の成長も妨げられますし、血流が悪くなっていることで髪に届くべき栄養が届きにくくなる。それが原因で髪の毛が抜けやすくなってしまうこともあります。

私を含め、働き盛りの中高年の方には、強く抜けない髪の毛の為に、新陳代謝を高める為に「よく寝ること」をまずおすすめしておきたいと思います。

スポンサードリンク
 
     
関連記事
Posted bykame38 (亀井貴史)