スポンサーサイト

kame38 (亀井貴史)

kame38 (亀井貴史)

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事が気に入ったら
シェア!

シェア

Twitterでhair_kame38をフォローしよう!


Posted bykame38 (亀井貴史)

身も髪も凍るような2018年の大変動。生き残る為のFacebook再開

kame38 (亀井貴史)

kame38 (亀井貴史)

-
f7e6c9bd722830da8b402e6e50407986_s.jpg

例年になく厳しい寒冬で迎えた2018年。髪や体のために冷えは避けたい、そう願うなかでさらに 身も髪も凍るような出来事 がありました。「髪の悩み」をテーマとする当ブログの運営において、今年は大きく変わる年になりそうです。

スポンサードリンク

このブログはネット上にある、ただの個人ブログですが、ここは ”自分の居場所” だと考えています。今年で6年目ですが、これからも人の役に立てる記事をどんどん書いていきたいと思うわけですが、そんな熱い気持ちを一気に冷ますような出来事が起きてしまいました。


恐ろしすぎる。Google「健康」アップデート発動

slDBs1AsCVkQOGe1517144314_1517144708.jpg

Web系のお仕事をされている方は既にご存知だと思いますが説明しておきます。昨年の12月初旬、Googleが健康や病気に関連するサイトの検索順位を、大幅に変えるというアップデートをおこないました。通称「健康アップデート」と呼ばれる検索アルゴリズムの更新です。

これは、医療関係者が関わる信頼性の高いサイトをGoogle検索上位にする、というアップデートです。わかりやすくいうと 「専門知識に乏しい素人のブログは要らない」 ってGoogleは言っているわけです。

このアップデートにより、これまで検索順位の上位にあったブログやサイトが、軒並み順位低下しています。その影響範囲は検索結果の約60%に及んでいて、現在とんでもない騒ぎになっているみたいです。

順位が上がったのは、医療機関や医師のサイト、国や官公庁のサイトなど。逆に順位が下がったのは、個人のサイトやブログ、キュレーションサイト、ヘルスケア情報サイトなどです。Google検索上で強いはずの 「ヘルスケア大学」や「いしゃまち」 さえ順位低下しています。

あと、NAVERまとめやyahoo知恵袋 もバッサリと下げられてます。これまで、Google検索上位を保つ為にお金をかけてきたサイトにとって、今回のアップデートはまさに死活問題。今後どのように対応すべきか、Webマーケティングの業界では様々な議論が行われているみたいです。


私たちブロガーはGoogleに心臓を握られている


そもそも、事の発端は、一昨年末に世間を騒がせたキュレーションサイト問題です。健康や医療関連など、人の生命や健康への影響が大きい分野で、Google検索上位にあるWelqの記事の内容が危険だったという指摘です。

よく「グーグル神」とか言ったりしますが、私たちブロガーやサイト運営者は、Googleに心臓を握られていると言ってもおかしくありません。いくら良質な記事を書けても、Googleの評価ひとつで ”読まれるべき記事” が ”読まれない記事” になってしまうんです。

これまで育ててきたものが、googleの判断で全て消されてしまう。私を含め、ウェブサイトを運営する誰もがそれを恐れています。

c0e673c8.png

このWelqの場合、DeNA自らがDeNAパレットと呼ばれる他のキュレーションサイト全てを閉鎖してしまいましたが、今後はそういった価値の低いサイトをGoogleは見逃さないはずです。

今回は、医療・健康分野を扱うブログやWebサイトに対しての大幅なアップデートだったわけですが、今後は医療・健康分野のみならず、育毛など美容の分野にも拡大してくる のは目に見えています。


Googleは価値の低いサイトを本気で潰しにかかっている

4b9617926c2c76b397d684e46a721.jpg

ネット上には、育毛や発毛・ハゲ・薄毛治療の分野を取り扱うサイトが山ほどあります。その内容は、育毛剤や薄毛治療クリニックを紹介するコンテンツばかりですが、Googleはそういったアフィリエイトが目的のサイトを嫌います。

そのため、Googleは過去にも「パンダアップデート」とか「ペンギンアップデート」を実施し、ガイドライン違反とする育毛サイトを数多く排除してきました。しかしその効果は一時的で、Googleの人工知能(RankBrain)の弱点を突いて、検索上に出てくる育毛関連サイトは常に後を絶ちません。

しかし、今回のアップデートの影響から分かるように、Googleは本気でそのような付加価値のないサイトを沙汰しようとしています。今回は医療関連を取り扱うサイトに対しての「健康アップデート」でしたが、今後は育毛や発毛・ハゲ・薄毛治療の分野にも広げてくるのは間違いないと思います。


「病」が付く薄毛キーワードもアップデートの対象

mukumi5.jpg

もう既にこのブログのアクセス数にも大変動が起きています。確認したところ、Google検索上位にあった記事の多くが、一気に検索下位へ落とされていました。たとえば、常に検索1位にあった「食毛症」の記事。

タイトルに”病”と付くだけで「健康アップデート」に引っかかってしまいました。今後この記事は元の順位に戻ることはありません。そのほか「男性型脱毛症」も同じです。これらは、いくら髪のこととはいえ「病」ですから、やはり医療関連に含まれてしまうのです。

大きく順位を下げた私の記事に対し、逆に順位を上げたのは、医療関係者が関わっている信頼性の高いサイトです。薄毛治療クリニックのHPとか。

7d4410d89f0b8e3a55beed40c7814073_s.jpg

例えば「男性型脱毛症」で検索をかけると、脱毛症の医療関連のサイトばかりが上位表示されており、これまで上位にあった、有名なハゲのキュレーションサイト がかなりの下位まで飛ばされていました。そんな巨大サイトにも影響が及んでいるので、個人のサイトなんて当然にその対象となります。

Googleは、いわゆる「素人記事」を排除する方向へ進んでいるのかもしれません。育毛やハゲ関連のサイトを運営している方、またはサイトを作ろうと考えている方は注意しておいてください。今年のGoogleは本気でそういうサイトを潰しにかかっています。

当ブログは記事数が多いことや、リンクフリーにしているせいか、よく記事を盗用されているのを見かけます。でも、そうやってコピペしている場合ではありません。そのようにして作った育毛系サイトは、中身のない価値の低いサイトとみなされ、グーグルの怒りを買うことになります。年々、人間に近づきつつあるGoogleの人工知能ですが、これを侮っていると今後インターネット上で生きていくことは難しいです。


リピーターの皆さんへ。Facebookページ始めます

fb1.jpg

今回のアップデートによって、私自身も進むべき道が少し見えなくなってしまいました。個人ブログではもう駄目なのかもしれません。以下の記事を読んで、よりいっそう実感しているところです。

自分のブログは大切だし一生育てる。そう豪語していた割りに心中はブレまくっています。とはいえ、有り難くもこのブログにはリピーターの方々がたくさんいて、そのおかげで私の心と髪は癒されてきました。とても感謝しております。ですからこのブログはやめません。これからもずっと綴り続けます。

ただ、ブロガーは「記事が読まれてこそブロガー」なんです。Google検索から訪問されて、そこで初めて記事を読んでもらえます。そのGoogleという ”窓口” がとても大切ですが、今後それが難しくなるのであれば、Googleではなく ”別の窓口” をつくる必要があるのです。

280cd4012fb541d11e0c0440ed744a49_s.jpg

どんな ”窓口” をつくるのか。このブログを活かせる場所はどこなのか?いろいろ考えた結果、ソーシャルメディアを活用していくこと に決めたのです。ずっと放置状態にあった、当ブログのFacebookページを本格的に使っていくこと。将来を考えてそう決断しました。

ソーシャルメディアといえば、twitterを以前から使ってましたが、つぶやける文字数が限られている為に、ブログのように使うことは出来ません。その場合、Facebookの方が適しているんです。

ただ、私のブログでは「悩み」を取り扱うので、実名公開のFacebookではプライバシーの面で「いいね!」されないというデメリットがあります。ページが放置状態になってしまったのは、それが理由でした。

しかしそんなことよりも、まずブログを読んでもらいたいと思います。ブログを書く個人から読んでいただける個人へ。その導線として情報発信できるFacebookはかなり使えるとみています。


年齢層が若いツイッターよりも相性が良いはずですし、リピーターさんとの繋がりもさらに深くなれます。今後、ブログの更新も変わらず続けていきますが、Facebookページの方もぜひチェックしていただきたいと思います。



2018年大変動のアップデート詳細・今後の見通しまとめ

PejLxFe3sdHYXNA1517147872_1517148020.jpg

いつか来ると恐れていた日が、とうとう来てしまった感じです。

今回のGoogleアップデートによる影響の大きさでみると、おそらくこれまでのような育毛・薄毛ジャンルの賑わいは、だんだんと終わっていくでしょう。以下、今回のアップデートの騒動についてまとめてみます。

・医療関係者が関わる信頼性の高いサイトがGoogle検索上位になる
・正体が不明で専門知識が疑わしいサイトはGoogle検索で落とされる
・今後は医療・健康分野のみならず、育毛など美容の分野にも拡大
・既にこのブログのアクセス数にも大きな変動がみられている
・これまでのような育毛商品を取り扱うサイトの運営は難しくなる

一部はあくまでも予想ですが、一昨年末に起きたキュレーションサイト問題からの流れでみれば、そうなるのは、ほぼ確実だと考えていたほうが良さそうです。

これまでお世話になったGoogleの検索エンジンですが、今後は頼れそうにありません。ブログの未来に向けて、私は次のステージへ踏み出したいと思います。今後もよろしくお願いいたします。


スポンサードリンク
     

この記事が気に入ったら
シェア!

シェア

Twitterでhair_kame38をフォローしよう!

関連記事

Posted bykame38 (亀井貴史)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。