オリーブ2番搾りのアレッポ石鹸。1番搾りでは得られない髪への効能

kame38 (亀井貴史)

kame38 (亀井貴史)

-
ba2d0e851e59fe422ae6067e91a602e9_s.jpg

私は生活の中でオリーブオイルをよく使います。パンを食べたりパスタを食べたり、ヘアケアにしてもオリーブオイルの使用が欠かせなくなってしまいました。食用とする場合、1番搾りであるバージンオリーブオイルを使うのが一般的ですが、髪に使う場合はそんな高価なものを使う必要はありません。オリーブ2番搾りのアレッポ石鹸で洗髪すると、その理由がよく分かるわけです。

スポンサードリンク

一度やめると苦労するアレッポ石鹸でのシャンプー


昨年からしばらくのあいだ、アレッポの石鹸でのシャンプーを止めていましたが、また先日から使うようになりました。我ながら酷い浮気性だと認めております、よろしければ前回の言い訳を読まれてみてください。


その罰なのか分かりませんが、久しぶりに再開したアレッポの石鹸が髪に馴染んでくれません。スカルプDシャンプーはシリコーンないし、そこまで影響ないと思いましたが、けっこう苦労してすすぎをやっています。

べたつきや石鹸カスがひどいのですが、その原因としては硬度が高めの宮崎県の水の影響、もしくは新燃岳噴火の降灰による髪への付着、というとことが考えられます。おそらく、ずっと石鹸シャンプーを続けていたら、こうはならなかったのかもしれません。

石鹸シャンプーを中断して普通のシャンプーに戻してみたい。 そういう人もいらっしゃると思います。その場合、私のようなパターンは無いとしても、多少のリスクを考えたうえで慎重に行なっていくことが必要かと思います。特に美容室など、髪を触るところでの影響はいろいろあったりしますから。




オリーブ2番搾りの石鹸だからこそ ”育毛”も可能に

1be98580eea9aa5c89ffef70e5f9ea9c_s.jpg

そのような理由で、アレッポ石鹸での洗髪がうまくいかずに少し焦っています。アレッポの石鹸は、主成分であるオリーブオイルの脂肪酸が濃いので、ガール石鹸 とかの軽いオリーブ石鹸を使うことも考えました。



ガール石鹸はというと、アレッポの石鹸と同じシリア生まれのオリーブ石鹸です。アレッポの石鹸との違いといえば、オリーブオイルが「一番搾り」であること。

食用でいうと「エクストラバージンオイル」の最高グレードとなるわけですが、果たしてその「一番搾り」が、アレッポの石鹸のように ”育毛” なんかにも効くのか?というと、少し疑問に思うところなのです。

あまり注目はされていませんが、アレッポの石鹸は「二番搾り」のオリーブオイルを使っていることで健やかな肌、そして髪を洗えば「生える頭皮」を作ってくれるんです。もちろんエキストラ40に含むローレルオイルの働きもありますが、それ以上に二番搾りであることに大きな意味があると感じています。


オリーブ2番搾りの石鹸でシャンプーするメリット

sibori2.jpg

この二番搾りというのは、もともとのバージンオイルを採った搾りかすに有機溶剤を加えて強引に搾りとったものです。酸価が高くて食用なんかには使いませんが、安いオリーブ石鹸にはよく使われています。例えば大量生産される「アレッポの贈り物」などがそうです。

そんな「二番搾り」は一見 ”余りもの” みたいなものに思われがちですが、実はいろいろとメリットがあります。まずは 鹸化しやすいという特性から大量生産が可能 になります。シリアの情勢が良くないなかで、多く製造されるのは「二番搾り」だからこそ可能だといえるでしょう。


その搾り方は食用のオイルをとったあと、ぎゅっと高圧力をかけます。そうするとオリーブの果皮や種子のエキスなど、栄養成分が多いところを無駄なくとれるというわけです。

実際にも、アレッポの石鹸の内部が濃い緑色をしています。それらは果皮や果肉の成分であり、そこにスクワランが多く含んでいるのは、私の潤う髪や頭皮をみているとよく分かるのです。

sibori1.jpg

そして、一部の人に嫌がられているアレッポの石鹸の独特の匂いについて。これも二番搾りのオリーブ石鹸だからこその香りなんです。たしかに一番搾りのものに比べると若干臭ってしまうかもしれませんが、私にとっては香水よりも良い香りに感じます。

そんなオリーブオイル2番搾りのアレッポ石鹸ですが、私の髪の回復はこれで洗っていたから だと思います。使い込むとだんだんとそれを感じてくるようになるんです。

今はまだ以前のように戻っていませんが、早く髪に馴染むよう使っていきたいと思います。


スポンサードリンク
 
     
関連記事
Posted bykame38 (亀井貴史)