kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

良いシャンプーの色は透明か白か?頭皮の為の”パール化”不要論

1529496448.jpg

理美容室に置いてあるサロンシャンプーは液体が透明であることが多いです。それに対して、市販品は白っぽい液体のシャンプーだったりします。シャンプー液それぞれの「透明」や「白」というところの違い。これにどんな意味があるのでしょうか。私が考える、頭皮の為に不要だと思う点など述べてみたいと思います。

スポンサードリンク

高価なシャンプーの多くが透明である理由

haku8.jpg

冒頭で述べた通り、ヘアサロンのシャンプーの多くには色がついていません。そのため、高級なシャンプーが ”無色透明” だと認識される人が多いのではないかと思います。

これは、清潔感を好む日本人の特徴といえますが、海外では逆に透明でない方が高級感があるという見解であることも多いです。

実際にも シルクのように美しく粘っこく濃厚なテクスチャ みたいなシャンプーが多いです。考え方がワイドな外人さんは、私みたいに頭皮の心配などしないのかもしれませんね。

haku1.jpg

でも、頭皮のケアをおこなう中では、そういった白濁しているシャンプーは不要かなと思います。どんなシャンプーでも基本成分は界面活性剤。そこに水を溶かすわけなので透明であることが普通ですよね。透明で何の味気もないけど、頭皮の為にはそれで充分なんですよ。

色を加えたり濃度を高くしたりするから、流し残って頭皮トラブルとかの原因になったりするわけで。別に高価なサロンシャンプーじゃなくても良いのです。私みたいな石鹸シャンプーでも良いですし、ただの無添加シャンプーでも充分ではないかと思います。

わざわざ、シャンプーを白く濁らせなければいけない理由なんて、特にはありません。


白く濁っているシャンプーの正体はパール化剤

haku6.jpg

白濁しているシャンプーといえば、よく市販品でみられたりしますが、それらのシャンプーには「パール化剤」という成分が入っている場合が多いです。

このパール化剤を入れることで、美しい光沢のある白濁液に変えることができます。手に取った液体の表面がキラキラしていますよね。これはパール化剤のおかげなんです。これが綺麗に見えるかどうかは人それぞれの感覚だと思いますが、粘っこくなる部分に関しては個人的に受け入れられません。

シャンプー商品としては、パール化するうえで液体の粘性を高めておく必要があるわけです。粘性が低いと分離して見栄えが悪くなってしまうので、それを避ける為には粘性を高くしておかなかなければいけません。なので、こういうシャンプーは粘っこいテクスチャーである場合が多いのです。


透明をパール化させて考えられるメリットとデメリット

haku7.jpg

このようなパール化したシャンプーを使って、得られるメリットやデメリットについて述べておきたいと思います。メリットとしては髪の毛に光沢を出す働き でしょうか。実際に艶を出す為のシャンプーやコンディショナーによく使用されています。また、髪の毛に薄い皮膜を作って保護する効果もあります。

haku4.jpg

しかしなから、毛髪の内部に浸透してリペアするとか、そういうトリートメント的な働きは期待できません。

デメリットとしては、前述した 粘性の高い性質(増粘剤) だと思います。この増粘剤が使われると、泡立ちが良くなって洗いやすいのですが、すすぎの際に粘っこく流しにくいので、頭皮や肌に残りやすくなります。

その結果、界面活性剤の残留が原因で髪や頭皮・肌のトラブルが起きやすくなる、といったデメリットがあります。


シャンプーメーカーがわざわざパール化する理由

1529496448.jpg

実際のところ、こういうシャンプーのメリットやデメリットというのは、そこまで感じることはありません。ですから、見栄えを良くする為のパール化剤の使用 だと考えて良いでしょう。

例えば、シリコン配合のシャンプー・コンディショナーには、パール剤を使いことが多いです。シリコンを配合したシャンプー液は白く濁ってしまうので、それを綺麗に見せるためにパール剤を添加して色を誤魔化すという方法は、某有名メーカーがよくやってます。

haku91.jpg

パール化剤は「ステアリン酸グリコール」ともいいますが、この成分についてはメーカーそれぞれがうまく使っているなぁという印象があります。石けんみたいな清潔な印象を持たせたり、良い成分が濃厚という印象もすべてパール化することによって可能になるんです。

パール化剤そのものが、決して害を及ぼすというわけではありません。そこは問題ありませんが、別にわざわざ白濁させなくても良いのではないかと思いますね。洗髪の基本は、ただシンプルに頭皮・髪を洗いあげるだけのこと。色は不要ですし、透明で充分なんです。


スポンサードリンク
関連記事
スポンサードリンク