kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

夏の日光で加速し始める白髪。その”光老化”を無視できない

nikkou1.jpg

美容系メディアさんから白髪についての執筆依頼があり、それを書いているなかで、だんだんと自分の白髪のことが気になってしまいました。今の時期、特に気になるのが日光に当たることで起こる ”髪への光老化” 。その 光老化に対してやっておく白髪対策 は、ぜひとも考えておきたいところです。

スポンサードリンク

分け目や生え際にみられる白髪の理由

11a845a4eeb24f42ca561e8d08b881e3_s.jpg

頭皮の日焼けについて、髪への影響など過去に何度かブログで書いています。
それから数年経ったいま、さらに分かったことは、日光に当たり過ぎると白髪化が起きやすくなる ということ。

例えば、お客さんの髪の分け目をみると、日焼けによって色素沈着が見られたり、オールバックやひとつ結びの髪型の場合、生え際に白髪が目立っていたりするんです。やはり生え際あたりは、日光によく当たるし紫外線を影響を受けやすいようですね。

bf660c3d7c89178a4494e0980383c436_s.jpg

白髪の原因・メカニズムについては、昔から様々なことがいわれています。
エビデンス(科学的根拠)があるわけでなく、ずっと謎の部分が多かったのですが、ここ最近ではその謎がだんだんと解明しつつあります。そのひとつとして 強い日光を受けて起こる ”光老化” が白髪促進に大きく関係していること が分かりました。


嫌でも日光を浴びてる髪や頭皮は「光老化」が進みやすい

ff0082e92bb79d735732d50395c2b3bb_s.jpg

その「光老化」について。これはその名のとおり、日光を受けて起こる老化現象 のことです。

よくあるのが、紫外線の影響で起こる肌のシミやシワなど。そのように徐々に老化がみられるのですが、日光を受けやすい髪や頭皮は、より光老化がすすみやすいといえます。

まず髪の場合、夏の強い紫外線をたくさん受けることで、髪の毛内部のメラニン色素の破壊があります。日光に当たり過ぎてだんだん茶色くなったり、光の反射で白髪っぽく見えてしまうこともあります。

でもいちばん問題なのは、髪の毛というよりも頭皮への影響 だと考えます。

e8e546eb836bf8444f864d4c07cd438e_s.jpg

その影響は、頭皮の奥にある毛根部分に起こります。毛根内部の毛包には、色素細胞(メラノサイト)がありますが、その メラノサイトが紫外線によってダメージを受け、髪の毛に色を付ける活動が弱くなってしまう のです。

直射日光をまともに受けている、髪の分け目や生え際の白髪というのは、紫外線を浴びることで起こっている光老化でもあるわけですね。


夏の日光・強い紫外線がスイッチとなる白髪化の流れ

mouhou4.jpg

メラニン色素をつくっている「色素幹細胞」の枯渇。日光を受けて起こる白髪の原因はズバリこれです。東京医科歯科大学の幹細胞研究グループによって、その詳細が明らかになっています。

ここでのポイントを簡単に説明すると、以下のような流れになります。

① 色素幹細胞が紫外線などの影響でDNAがダメージを受ける。
② そのDNAの修復不能によって自己複製機能が失われる。
③ すべてメラノサイト(色素細胞)に分化してしまう。
④ それでも色素細胞は、生えてくる髪の毛のメラニンを生成。
⑤ でも複製不能な色素幹細胞ということでメラノサイトも減少。
⑥ だんだんとメラノサイトの数も少なくなって白髪が増える。

説明が大まかですみません。
詳しくは、研究結果・プレスリリースの方をご覧になってください。



白髪以外にも禿げない為にやっておきたい日光対策

e2562045004adb4fab97b1e38fc6f48b_s.jpg

これから梅雨明けすると、ますます日光が眩しくなってきます。白髪が急に増えた!ってことにはなりたくないので、紫外線対策は早めにやっておきたいところです。

特に私の場合は、休日は必ずと言って良いほど山に登り、紫外線が強すぎるところで活動するので、白髪対策は必須になります。

31464941.jpg

先日も、帽子&ヘッドガード、ホホバオイルという、徹底した日焼け対策をしてました。

肌に日焼け止めを使うのと同じく、髪や頭皮にも紫外線対策が必要かと思います。UVカットの帽子や日傘の利用、そのうえで髪専用の紫外線防止スプレーやヘアミルクを使うと効果的です。アフターケアとして、シャンプー後のホホバオイルや頭皮用の化粧水使用も良いでしょう。

その他では、髪型の分け目を変えることもなかなか有効です。いつも同じ分け目でいると、その部分ばかり紫外線のストレスを受けてしまうので、まめに分け目を変えるという方法もアリかと思います。


頭皮の日焼けで皮が剥けるとか、出来れば避けたいものです。なぜなら、前述のような色素幹細胞の枯渇や、毛包幹細胞の縮小が起こる可能性があるから。これは、白髪だけでなく薄毛・ハゲの発生にも繋がることなので、日光の対策はしっかりやっておきたいところですね。

白髪・ハゲの改善については、毛髪の幹細胞の働きが鍵になります。2011年には17型コラーゲンが白髪と脱毛を抑える という実験結果が国際科学誌のCell Stem Cellに掲載されました。詳しくは以下の記事をお読みになっていただければと思います。



スポンサードリンク
関連記事
スポンサードリンク