くせ毛だと石鹸シャンプーは難しいという人へおすすめの方法

kame38 (亀井貴史)

kame38 (亀井貴史)

kokei-ekitai1.jpg

くせ毛の方が石鹸シャンプーをやると、更にくせ毛が強くなり難しいと言われます。たしかに、くせ毛の方に向いている洗髪方法とは言い切れません。ですが、ある程度対策しておくことで石鹸シャンプーの継続は十分に可能です。ここでは、くせ毛の方が石鹸シャンプーを諦める前にやっておきたいこと をお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

石鹸シャンプーでくせ毛が解消されない理由

d1df8b67e71839b69e8b1cf45ed724b1_s.jpg

この記事を読まれ、無駄な時間だったと思われないように初めに言っておきたいと思います。まず、石鹸シャンプーでくせ毛が弱まったり治ったりすることは殆どありません。もし治るとすれば何か他の要因だと思います。

これは、石鹸シャンプーに限らずどんなシャンプーでも言えることですが、シャンプーというのは髪や頭皮を洗うだけのもので、髪をストレートにするとか、そんな成分のシャンプーは今のところありません。

今後、本当にくせ毛が治る方法があるとすれば、それは遺伝子の話だったり毛髪科学に及ぶ難しいものとなるはずです。なので 石鹸シャンプーをやって、くせ毛が治るとかストレートになるなんてことは今の段階ではほぼ無理 と考えたほうが良いでしょう。

そしてクセ毛は、髪の毛が変形したその形状からキューティクルがはがれやすく、傷みやすいです。石鹸シャンプーはアルカリ性に近いので、弱酸性の髪の毛は乾燥したりごわついたりしてまとまりにくい。なので「石鹸シャンプーは良い」と感じているくせ毛の人は少ないはずです。


くせ毛の方におすすめしたい石鹸シャンプーの仕方

sususgi4.jpg

では、髪がくせ毛だったら石鹸シャンプーは諦めるべきか?といえばそうではありません。正しい洗い方と洗髪後ちゃんとケアしておくことで、普通に石鹸シャンプーを続けることができます。私がくせ毛の方へおすすめしている石鹸シャンプーの方法としては、ブラシを有効に使うこと です。

①洗う前にブラッシングしておく
②かなりモコモコと泡立たせる(←ここ大事)
③ブラシで丁寧に梳かしながら洗う
④すすぎはしつこいくらいにやる(←ここも大事)
⑤酸性リンスも必ずやっておく

泡立ちが悪いまますすぐと石鹸カスが沢山できてしまうので、しっかり泡立つまでやってください。しっかり泡立ったらブラシで梳かしながら洗います。すすぎを丁寧におこない、酸性リンスも髪全体を確実に馴染ませましょう。リンスはクエン酸がおすすめです。

石鹸シャンプーのあと特に注意したいこと

生活の木ホホバオイル3

石鹸シャンプー、リンスが終わったら軽くタオルドライします。髪が湿った状態から「椿油」や「ホホバオイル」などヘアケアに有効なオイルを髪の毛に馴染ませます。それからドライヤーで8割くらい乾かします。

こうすることでくせ毛でもしっとり落ち着いてくれます。ここでの注意は 油分によって髪の乾き具合が分からなくなること です。乾かせすぎて収まりが悪くなることがあるので、ここは注意が必要です。

酸性リンスは必ずやってください。可能であれば、石鹸シャンプー専用のトリートメントを使うこともおすすめします。例えば「松山油脂の酸性トリートメント」 はくせ毛で石鹸シャンプーさせる方に評判が良いです。

くせ毛だから石鹸シャンプーは無理、という考え方は勿体無いと思います。初めは難しいと感じるのは直毛でも縮毛でも同じことなので、頑張って乗り切っていただきたいです。


スポンサードリンク
     

この記事が気に入ったら
シェア!

シェア

Twitterでhair_kame38をフォローしよう!

関連記事

Posted bykame38 (亀井貴史)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply