kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

薄毛の個性を生かし、自信と好感で得る仕事の成功

ハゲている人って営業でも成功するケースが多いんです (杉村太蔵前衆議院議員)

少し前に「女性セブン」さんで薄毛男性についてとても良い持論を述べられている記事を読みました。

これは私の持論ですが、ハゲのアドバンテージっていうものがあると思うんです。ハゲている人は第一印象で相手に警戒心を与えない。むしろ、自分をさらけ出している感じで好感が持てます。例えば名刺交換したあと、別の機会に連絡するときに「あのとき名刺交換をさせてもらったハゲの●●です」なんてことをいわれたら、かなりのインパクトですよ。だからハゲている人って営業でも成功するケースが多いんです。
※女性セブン2012年6月21日号より一部抜粋



スポンサードリンク

これは前衆議院議員の杉村太蔵さんが女性セブンさんの誌面の中で述べられていたものです。
(詳細はNEWSポストセブンへ)
上記で述べられていることについて非常に納得できるように思います。

薄毛や脱毛が起こっている人にとって、たしかに他人の視線は非常に気になります。
薄毛や脱毛が起こってしまったせいで、ネガティブな状態がビジネスにおいても影響しているのではないでしょうか。私は薄毛や脱毛を気にされるお客さんに常々お話していることがあります。

「決してネガティブにはならないでください」とこれを何度も繰り返し言っていますが、難しいものです。
そんな簡単なものではありませんから。ですが考えてみてください。
他人と対面した際にいちいち髪をチェックしますか?それを観て笑いが出ますか?
はっきりいってほとんど誰もあなたの頭・髪など観ていないはずです。
観ているとすれば私たち理美容師がヘアスタイルの研究の為に観ているくらいですね。
私にいたっては、薄毛・脱毛のお客さんを見るなんてことはいい加減飽きてしまってます(悪い意味ではなく)。

ところがネガティブになっていると、それが行動にも必ず反映してくる訳です。
薄毛・脱毛が気になって大きな行動が取れない、人目を気にするあまりインドア派になってしまう など、

陰に潜むような生活になってしまいがちです。
これはマクロビオティックでの育毛・薄毛対策を考えると極陰性だともいえますね。

こうなってしまうことがハゲだのどうだのと、ネタになってしまうのではないでしょうか。ですので、

よく言われがちなこのネガティブにならないという言葉ですが、その理由には大きな意味がある訳です。


ネガティブにならないことを考えるとやはりポジティブにならないといけないのか

これもよく言われがちですが、やはりポジティブになるべきだと思います。
これも大まかに考えると難しく思えますが、考え方次第で充分可能だと思います。
これは発想の転換というものでしょうか、薄毛や脱毛を自分にとってプラスに考えることにその意味があります。

上記で杉村太蔵さんが言われていたことが非常に良い例だと思います。
相手に警戒心を与えない 自分をさらけ出している感じこれには非常に納得しました。まったくその通りだと思います。

人と対面し、頭を下げて自分の薄毛・脱毛をさらけ出す行為は人に信頼、安心感を与えます。
仕事において、もしそれを隠すようにカツラでもしていた場合、自分は良かれと思っても人にはそうは思われません。
自分の大切な部分を隠す人は、大切な仕事を隠す人と思われかねないということです。
これは私生活でも同じことがいえます。人は人です。
信頼があってこそ良い人間関係が築けるものではないでしょうか。

客観的にこれらをみた場合、間違いなく好印象だと思いませんか?
これらのことを太蔵さんは言っているのだと思います。
そのことを考えると、薄毛や脱毛が起こったとしても堂々とするべきなんですね。
ネガティブになってそのストレスが抜け毛の原因になることもありますので。なので、
薄毛・脱毛しているといった見た目の印象だけを心配してネガティブになることは絶対ありません。

スポンサードリンク
関連記事

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク