kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

映画・音楽の趣向が影響する薄毛・脱毛症、その対策としての食べ物を理解する

普段好んで見聞きしている映画や音楽が実は頭皮状態を悪くしていること

忙しい毎日の中でも、人それぞれに趣味やマイブームといったものがあると思います。これに集中することはストレス解消になり、自律神経にも良い影響を与えるのですが、育毛・薄毛対策としてもその効果は大きいものです。

スポンサードリンク

その趣味やマイブームが外でおこなうこと(例えばジョギング)ですとさらに良いものとなります。
ジョギングなどは有酸素運動で、酸素摂取量が高まります。
脳に酸素を多く送り込みますので自律神経が活発に働いてくれます。これは頭皮の場合、自律神経の良い状態が抜け毛を止め、薄毛や脱毛の危険から守ってくれているということですね。

決してジョギングなどの外でおこなうことだけがストレス解消になるといったことではありません。
趣味やマイブームですから好みがある訳で、家の中でおこなうこともストレス解消になります。
インドア派の人は特にそうなのではないでしょうか。

映画鑑賞や音楽鑑賞は手軽なものですので、多くの人が趣味やマイブームにしているように思います。
これらもストレス解消として良いものと考えられますが、私としてはここは少し注意が必要だと思っています。

この映画鑑賞や音楽鑑賞というものは「観る・聴く・感じる」の3つは刺激される訳で、これには必ず好みの部分が大きく関係してます。
それはその人の性格によって映画鑑賞や音楽鑑賞の好むジャンルも大きく変わってくるもので、実はここにも薄毛・脱毛の原因とするものが含まれているのです。
それはマクロビオティックの法則で、はっきりと「陽性」「陰性」に分別されることで解りやすくなります。


「陽性」
・ 激しく動く、表現が過激な映画などを好み、そればかりを限定して観る
・ ロックなどの音に過剰な歪みのある激しい音楽を好み、そればかりを限定して聴く
「陰性」
・ 悲しい内容や気持ちを暗くさせる映画などを好み、そればかりを限定して観る
・ 音がマイナー調の曲、バラードなどを好み、そればかりを限定して聴く



この「陽性」「陰性」のどちらかに大きく偏ることで薄毛や脱毛が起こりやすくなってしまうのですが、これにはしっかりと理論があります。まず「陽性」の人の特徴として、食べ物が大きく影響しています。
これに心当たりのある人は肉や卵を好んで多く食べてませんか?
動物性の食べ物を多く食べてると「陽」ばかりに偏り、その結果体質が「極陽性」になってしまいます.

「極陽性」というのは動物そのもので、肉食獣や草食獣らのすべての動物が「極陽性」です。
なのでこの「極陽性」を多く食べている人は動的な映画や音楽を好み、動物そのものに近い体質になってしまうという理論です。(これらは極端な例ですが私なりの理論です)

「陰性」の人の場合も同じく食べ物が大きく影響しています。冷えたものはすべて「陰性」なのですが、「陰性」の食べ物を食べすぎることで、やはり「極陰性」に偏ってしまいますね。
人の「極陰性」とはネガティブな状態のことで、気持ちが落ちてしまうことや悲しくなってしまうことが多くみられます。 これは「陰性」の食べ物を食べ過ぎた為にそれが作用し、身体面・精神面のどちらも冷えてしまっている訳です。

薄毛の個性を生かし、自信と好感で得る仕事の成功 の記事で書きましたが、ネガティブな状態は好ましくありません。気付きにくいものですが、生きている上の様々な場面で損をします。仕事ももちろん、私生活もそうですね。

好みの映画鑑賞や音楽鑑賞からみた2つの「陽性」「陰性」、当てはまりませんでしたか?
好みの映画や音楽などからそのつながり(食べ物など)を理解し、対策できればきっと良い育毛・薄毛対策になります。

スポンサードリンク
関連記事

2 Comments

ヘイジ  

kameさん、初めまして。
ヘイジと言います。
今までこういった観念で髪について考えた事が無かったので、
マクロビオティックの法則、非常に参考になりました。
私はどちらかというと陰性の傾向が強いようなので、
ちょっとバランスを意識してみようと思います。

またお邪魔します_(._.)_

2012/09/29 (Sat) 22:12 | EDIT | REPLY |   

kame  

ヘイジさんはじめまして。訪問&コメント有難うございます。
ヘイジさんのこと存じておりました。
以前より何度かヘイジさんのブログへお邪魔させていただいてましたので。
ちょっとしたファンでした。まさかここに来ていただけるとは思わなかったので、
非常に嬉しく思います。
そしてマクロビオティックの記事読んでいただいて有難うございます。
ヘイジさんのように参考にしてもらえると、とてもやる気が出てきます!
もっと役に立つ記事が書けるように頑張ります!

2012/09/29 (Sat) 23:46 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

スポンサードリンク