kame38.blog hairlife

ARTICLE PAGE

薄毛の髪を似合う髪型にすることが自信へのきっかけになる

少ない髪を活かした髪型で他人と差を付ける為の決断

あらゆるビジネスにおいて信頼というものは第一であり、基本ともいえます。それは相手との対面の際、自身をどんな感じに受け入れられるかが信頼されるかどうかとなる訳ですが、自身のネガティブな部分(薄毛など)が対面の際にも影響すると、その信頼関係にもどこかで影響が出てくると思います。

スポンサードリンク

薄毛の個性を生かし、自信と好感で得る仕事の成功 でも書きましたが、薄毛をネガティブに思わないでください。
自身には薄毛のことがネガティブになっているのかもしれませんが、他人はいちいち頭など見ていませんので。
特にビジネスになると頭などではなく、目をしっかり見るのではないでしょうか。
そこで自身が薄毛を気にするあまりに、視線が泳いでしまうと本当に頼れる人なのか?と疑われてしまいます。

ここはぜひ自信を持って欲しいと思いますが、個人それぞれの性格の部分でどうしようもない、というのも分かりますね。しっかり目を合わせるといっても、目の上はひたい、頭ですから気になるのも当然ではないでしょうか。

ちょっとした何かがきっかけになれば、自分の薄毛に対し自信を持つことができるように思いますがそのきっかけが見つからない為に、現状に至ってしまっているという人も多いように思えます。
ネガティブをポジティブにといった、発想の転換みたいなこともやはり実際は簡単なことではありません。

私は理容師ですので、やはり形として残すことを第一として考えます

薄毛に対して自信を持ってもらうには、きっかけを探すより髪型として形にするのが何よりもいちばん良い方法だと思うのです。

それについて興味深い記事をみつけました。

3日付の米紙ウォールストリート・ジャーナルは、
髪を刈り込んだ丸坊主姿の男性は力強い印象を与えるという研究結果を紹介する記事を掲載した。
成功している米企業の経営者にもスキンヘッド姿の男性が目立つとしている。
研究結果を発表したのは米ペンシルベニア大ワートン校のアルバート・マンズ講師で、同じ男性の写真2枚を被験者に見せる実験を行った。一方は髪があり、もう一方は丸坊主姿に見えるようデジタル加工したもので、被験者344人はいずれも丸坊主姿の方がより力強く見えると答えた。
関連した実験では、丸坊主姿は実際より1インチ(約2・5センチ)背が高く見え、薄毛の男性は魅力に欠け、弱々しく見えるとのデータも得られたという。
自らも薄毛をそり落とし丸坊主姿にしたら周囲の見る目が好意的に変わったというマンズ氏は、「丸坊主姿がパワフルに見えるのは、軍人やアスリート、ハリウッド映画のアクションヒーローなどに結びつくため」と指摘している。同紙は、「企業リーダーにもここ数年、丸坊主姿がはやっている」として、インターネット小売り最大手アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)や、映画会社ドリームワークスのジェフリー・カッツェンバーグCEOなどを挙げている。
- MSN産経ニュース - http://sankei.jp.msn.com/world/news/121004/amr12100414230005-n1.htm


これは以前に記事にした 薄毛が気になる人もぜひショートカットを で短く切ることをお勧めしましたが、それ以上に短い”丸坊主”のことを記事にされています。私はこの記事の内容については非常に納得できます。
薄毛の男性が弱々しくみえるという見た目の問題については髪型でカバーできることが可能なので、私も短くすることをぜひお勧めしますが、”丸坊主”というと抵抗のある人が多いのではないでしょうか。

薄毛をカバーできる髪型はいくつかありますが、最低限行うこととしてサイドはかなり短く薄く切ることが必要になります。ここは絶対です。
前頭部、頭頂部の薄毛を目立たなくさせるにはそれしかない訳で、そこからバリエーションが広がっていきます。
サイドを短く切ることさえ抵抗があるかもしれませんが、このことはぜひ理解されてくださいね。

その決断は間違いなく自分の薄毛に対して自信を持つ”きっかけ”となります。
明日の記事で薄毛をカバーできる髪型とその意味の素晴らしさを書いてみたいと思います。

スポンサードリンク
関連記事

0 Comments

Post a comment

スポンサードリンク